仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4237】フジプレミアム

(再生可能エネルギー・太陽光関連銘柄・液晶関連)

フラットパネルディスプレイ業界において、国内外の市場で高評価、超軽量。薄型の太陽電池モジュールや追尾型太陽光発電システムなどの製品を製造などを手掛ける企業。

同社の精密貼合及び高機能複合材は、自動車業界及びエレクトロニクス業界でのディスプレイ化、タッチパネル化ニーズを取り込み、精密貼合技術を活用した加工ビジネスを拡大傾向、太陽電池の国内市場は国内制度の変更あるいは海外メーカーの台頭からも苦戦が続いているが、OEM供給を主軸とし、その中でも製品開発・用途開拓等の開発要素が大きいものに注力。

業績面は、22年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比61.1%増の2.3億円に拡大し、通期計画の4.3億円に対する進捗率は53.8%と順調な業績。

時価総額116億円と伸びしろが高く、精密貼合技術は今後も拡大が見込め、再生可能エネルギー関連のテーマも持っている企業だけに注目したい。

兜町関係者も注目しており、今後様々なメディアで取り扱われる可能性も!

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6620】宮越HD

(注目銘柄・不動産関連・中国関連銘柄)

11月相場もあっという間に後半戦に突入する。過去にも掲載しているが、年内材料が噂される銘柄として一つ紹介した【6620】宮越HDだ!

同社が投資家に注目を集める切っ掛けとなったのは、中国深センに持つ工場跡地を活用して、日本と中国を中心とした世界中のハイテク企業を集結させた『ワールドイノベーションセンター』を建設する大規模開発プロジェクトを計画しており、今後、自社HPに時価総額1兆円を目指す。

このHP記載から投資家に人気化して株価は急騰した経緯があるが、その深センのプロジェクトは、10月11日には深セン市から同市に申請する要件が整ったとの連絡を受けており、プロジェクトのいよいよ正式決定が近いとの話がでている。

このプロジェクトは「すでに200万社存在するという深セン市のスタートアップ企業を巻き込んだ壮大な計画を発表」している。株価は一旦思惑が外れた動きとはなっているが、決算も通過して根固めして再びチャートは材料に向けて動き出すチャートとなっている。年内承認の期待からも思惑買いが入ってきているだけに面白い銘柄と言えるだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2301】学情

(就職支援、働き方改革、岸田政策関連

東証1部上場、 就職情報大手、東名阪で開催の合同企業説明会に強みを持ち朝日新聞と提携もする就職支援関連の注目株と位置付ける。

雇用の推進を強く押し出す岸田内閣だが、同社は20 代専門転職サイト「Re就活」が、「20 代が選ぶ、20 代向け転職サイト」3 年連続 No.1 を獲得している。

経済活動が正常化の流れからも、労働需給がひっ迫しつつあり、飲食店などのアルバイトやパートの雇用が進んでおり、同社も需要が拡大。

直近の業績を見ても、「就職博」の売上高が急速に回復しており第3四半期決算を発表、累計営業利益は7.14億円で前年同期比31.1%増益となっている。上半期は同45.7%減益であり、一転して大幅増益に転じる形となっている。

チャートは反発から一押し入れている位置だが、出遅れ感もあり、今後メディアなどでも取り上げられていくとの話もあり妙味は十分。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4592】サンバイオ

(バイオ関連銘柄、医薬品関連銘柄

東証マザーズ、失われた神経機能を再生させる細胞(神経再生細胞)を、医薬品(再生細胞薬)として開発しているバイオベンチャー、再生細胞薬「SB623」の事業化を目指し、世界の再生医療の中心地である日本とアメリカに拠点を構え世界的な事業展開を図る企業。

直近で米再生医療企業のD&Pと業務提携契約を締結を発表。D&Pが研究している食道再生インプラントの開発及び商業化のためにサンバイオのMSC2細胞は炎症性疾患を適応疾患とする医薬品候補を使用するライセンスを非独占的かつ譲渡不可の条件で供与する。

サンバイオは食道再生インプラントの日本での商業化の権利とアジア地域での商業化の優先交渉権を取得するとの事だが、これが材料視されて株価は上昇基調を強めている。1300円を明確に超えれば、強い上昇トレンドにはいる可能性も。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8783】GFA

(メタバース関連銘柄、不動産関連

東証JQ、不動産投資や企業への資金調達支援など行う金融サービスが柱とする企業だ。事業が安定しない業績も今一つのハコ物企業ではあるが、グループの展開する「CLUB CAMELOT」メタバースで、イベント主催者やプロモーションを活用したい企業向けに、空間プロデュースを想定したプロモーションメニューの取り扱いを開始すると発表。

「CLUB CAMELOT」メタバースに複数設置されている各種モニターを通じ、企業やイベント主催者がさまざまな動画を別々に配信することができるというものだが、これが最近のメタバース関連の物色買いの対象となり本日STOP高。

時価総額33億円と小型ではあるが、最近の流れからももう一発ある可能性はある。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6336】石井表記

(半導体関連銘柄、半導体製造装置

東証2部、PER7.1倍、PBR1.89倍と割安。パソコンやタブレット端末などに使われるプリント基板製造装置大手。インクジェット塗布機はテレビ液晶用で高シェア。半導体製造装置などを主な製品とする電子機器部品製造装置事業印も展開、印刷技術も強みを持つ企業だ。

時価総額86億円、過去にも記載した銘柄ではあるが、ウエハーレベルパッケージ(WLP)とバンプ(集積回路につながる突起状金属端子)向けに、厚膜絶縁塗布材料をインクジェット方式で塗布する世界初の半導体向けインクジェットコーターを開発。

同社は純利益を4億7200万円から12億1200万円と抜群の業績発表から急伸して、その後は1000円が壁となっての推移となっていたが、好決算の業績の良い銘柄に改めて資金が流れから再び上昇して1000円を突破。

主力事業の一つの半導体関連での業績も拡大傾向となっており、再び高値を目指す展開が期待できる。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6890】フェローテック

(半導体関連銘柄、半導体製造装置関連銘柄

東証JQ、半導体ウエハや半導体設備向け部品を製造。真空シール世界シェア6割を誇る企業。半導体では、真空シールに加えセラミック、石英など半導体マテリアルなど消耗品も取り扱い、電子デバイスもパワー半導体用基板などを提供している。

需要の高い半導体関連の中でも業績好調で業績も拡大傾向にある同社だが、半導体マテリアル製品、精密再生洗浄サービス、パワー半導体基板など全てが好調な推移となり、22年3月期の営業利益を従来予想の200.00億円から225.00億円(前期実績96.40億円)に上方修正を発表。

既に23年3月期の業績計画を1年前倒しで達成する抜群の決算内容となっているが、チャートはカップウィズハンドルを形成して上場来高値更新と急騰チャート形成となっている。

各社証券のレーティングも5000円以上とするものが多く、PER7.3倍、PBR1.75倍と割安、勢いそのままに一段高期待。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com