仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3564】LIXILビバ

(親子上場関連銘柄)

前回の記事はコチラ

一貫推奨してきた【3564】LIXILビバがいよいよ明日決算を迎える。

決算発表予定は明日12時、お昼休みに発表になる予定だ。

果たして決算が良いのか?それとも何がしかの材料がでるのか?

答えは蓋を開けてみないとわからない。

しかし、「金の四方山話」でどの水準から一貫して推奨しているのか?そして、目標がいくらだったら、どの程度だったら満足するのか?

前回の記事をあわせて考えておいて欲しい。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【1443】技研ホールディングス

(上方修正関連銘柄)

【9764】技研興業が株式移転した会社。純粋持株会社で、法面保護や放射線防護、消波ブロックなどが主力となる。基本的に公共工事が意識される会社だ。

同社は、今夏の台風被害からの復興関連銘柄として人気化し、12月には高値494円をつけた。その後は、上昇一服となり400円前後での推移が続いている。決算発表予定はバレンタインとなる2月14日。

さて、その決算発表だが、同社の会社予想に対する業績の進捗率はかなりの高水準である。前期が減益予想から一転し増益となった事で、下期の経常利益が前年同期比58%減で通期予想達成となる。

つまり、ほぼ上方修正は出されるだろうという事がわかる。もちろん、突発的な損や台風による施工の遅れなどが響く可能性はある。

とは言え、現状のPERは10倍台であり、会社想定通りの水準だとしても割高感はない。今後の行方については、注視しておきたい銘柄だ。

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9262】シルバーライフ

(市場指定変更銘柄)

前回の記事にて、市場変更とそれに伴うインデックス需要の先取りを案内した銘柄だ。

=前回の記事はコチラ=

同社はフランチャイズにて高齢者向けの配食事業を行う会社であり、一部上場にて社会的信頼性の向上を狙っている。詳細は前回の記事を読んで頂きたい。

さて、インデックス需要の期待から株価は上昇したが、現在は安くなっている。噂で買い。事実で売られ、新型コロナに追い打ちを受けた格好だ。

だが、マザーズから東証一部に変更した場合の組入は、指定替えの翌月末となる。つまり、実需発生は2月末だ。

期待先行で株高となっているならいざしらず、上向いている200日移動平均線付近までの下落であれば過熱感もない。つまり、今後見込まれる実需を考えるのであれば、現状は押し目といえるのではないだろうか。実需が発生するまでの1ヶ月を短いと捉えるか長いと捉えるかは人ぞれぞれだが、買い圧力が明白な現状であれば、同銘柄には強気のスタンスで挑みたいところである。

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9272】ブティックス

(介護関連銘柄)

ブティックスは介護関連の業界に対して、マッチングサービスを提供する会社だ。同業界を対象に商談型展示会を行っているが、他にもM&A仲介やEコマースも手掛けている。

Eコマース事業に関しては赤字が続いていたが、福祉用品レンタル業のヤマシタに事業を譲渡する事が決定している。そのため、今期は赤字を脱却。会社側によると黒字化する見通しとなっている。

 

ブティックスチャート

チャートを見ると、赤字縮小となってから株価は上昇に転じ、4820円の高値をつけた後に横ばいの動きが続いている。出来高が少ないために、大きく張る事はできないが、ここから保ち合い上放れとなれば面白い動きとなるだろう。

また、同銘柄については、赤字縮小の発表で株価が上昇したというより、思惑で上昇したという感が否めない。実際、赤字縮小を発表したのは11月13日だが、株価が上昇を始めたのはその一週間後となっている。

その上で、社長が持ち分を過半数を割らない程度に売ってきている事から見るに、何かしか高値で売却しなければならない理由があるのでは?と勘ぐってしまう。

実際のところ、赤字事業を譲渡した事で採算性が向上し、会社側の数字だけみればROEは20%を超えてくる。現在PER50倍を説明するには弱い根拠だが、思惑を考えれば妥当なところか。

新型コロナウイルスを背景に全面安となるなか、堅調な動きを見せる新興株はチェックしておこう。

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7046】テクノスデータサイエンス

(サブスクリプション関連銘柄)

テクノスデータサイエンスはAI製品等によるサブスクリプションサービス(ストック型サービス)と、データ解析、分析基盤構築等の個別プロジェクトによるビッグデータ・AIソリューションサービス(フロー型サービス)を展開する情報サービス企業だ。

2015年からはAIビジネス市場の拡大を背景に、売上高は年平均44.2%、経常利益は同72.6%増加している。これは安全性や、成長性、収益性の観点すると好材料と言えるだろう。

取引先はリクルートやアコム、NTTなどの大企業が多く、売上の依存も高い。収益の多様化という点では難が残るが、裏を返せばそれだけ安定しているという事だろう。

新興企業故にPERは高いが、収益の伸びを考えるとさほど問題にならない可能性が高い。

事実、株価は足元で上昇傾向にある。25日移動平均線に沿った上昇を続けており、200日移動平均線も超えてえきている。今後は、25日移動平均線をサポートに堅調な上昇を続ける可能性があるだろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【3719】ジェクシード

(低位株ボロ株関連銘柄)

ERPのコンサルティングを行う企業だ。投資事業など、多角化を進めたが現在は本業に集中する方針。

TCSホールディングスが筆頭株主であり、前年にはソフトフロントと業務提携を行うなど話題性は豊富だ。

当サイトが主催する「金の四方山話」で掲載後、株探記事の煽りで一回転できたと思う。

株価は現状再度下落しているが、新株予約券の動向など思惑が豊富な事から…

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8214】AOKIホールディングス

(複合カフェ関連銘柄)

紳士服販売の大手。どこの街にも店舗があると言っても過言ではない位なので、みなさんご存知の会社だろう。

新生活を迎えるこの時期は同社にとっても稼ぎ時。紳士服市場は縮小傾向にあるものの、この時期だけは同社に光があたる可能性がある。

が、今回は紳士服の青木ではなく、AOKIホールディングスに焦点をあてている。実は、同社は事業の多角化を勧めており、紳士服事業以外に、複合カフェ「快活CLUB」の運営やカラオケ店、結婚式場の運営などを行っている。

特に、「快活CLUB」は、マツコの知らない世界でゲストが選ぶナンバーワンフライドポテトとして同社のものが選ばれたほど、飲食に力を入れている事や豊富な資金力を背景に施設の充実を図っている事から、複合カフェ市場の1強となっている。

複合カフェ市場2位の「自由空間」のウリア上げが60億円なのに対し、同社の「快活CLUB」は370億円となっている事を見ればその強さがわかるだろう。

実際、複合カフェ事業は同社の柱とまで成長している。紳士服事業は売上こそ1144億円とその他事業を圧倒しているが、営業利益は72億円となる。一方の複合カフェ事業は売上は368億円だが、営業利益は22億円となっている。

現在の複合カフェ店舗数は400店強だが、1000店近くまで増やす計画であり、本格的に同事業が育ってくれば、紳士服事業のし縮小を補ってあまりある状態にまでなる可能性は十分にある。

現在のPERは17倍、PBRは0.6倍と可もなく不可もなし。チャート的には現在主力の紳士服事業が低迷している事から右肩下がりとなっているが、ここに来て反騰の兆しを見せている。

今後の展開に注目したい銘柄といえるだろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com