仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6658】シライ電子工業

(任天堂関連銘柄・電気自動車(EV)関連銘柄)

8/22(水)はシライ電子工業が大きく上昇している。

そのシライ電子工業は8/21(火)大引け後に、配線を目で見ることができない透明フレキシブル基板の開発に成功したことを発表した事が好感されて買いが集中しているようだ。

透明フレキシブル基板は高い需要が予想されるアミューズメント業界やディスプレー業界などで展開されて行く事が予想される。

シライ電子工業といえば、【7974】任天堂が上位株主である事から、任天堂関連銘柄として物色人気され易い銘柄でもあるが、シライ電子工業は元々はプリント配線板メーカーで主な受注先は【6902】デンソーだ。

そのデンソーが2018年6月に【7203】トヨタ自動車と両社の主要な電子部品事業をデンソーに集約する方向で検討している事が報じられた。電気自動車(EV)開発の分野でシライ電子工業の製品への需要拡大の思惑などから投機資金集中などが起きやすい銘柄でもある。

人気のテーマ性の複合や投機的な人気から短期的な資金が集中し易い銘柄だけに、今回の好材料でも短期的な資金集中が見込めるのではないだろうか。引き続き注目したい銘柄だ。

 

 

【3356】テリロジー

(サイバーセキュリティ関連銘柄)

8/21(火)はテリロジーに大きな注目が集まっている。
2018年8月10日頃から人気が集中しており、約12年ぶりの高値圏まで浮上している。マーケットの注目度が高い銘柄だ。

世界的にサイバー攻撃に対する警戒感が強まって来ている。例えば最近では、中国が近隣諸国へのサイバー政治介入に向けた技術開発に乗り出していると観測されているそうだ。サイバー政治介入といえばロシアが米国の民主党をハッキングしたなどのニュースが話題になっているが、日本としては隣国である中国が同様の技術を擁する事となれば相当な脅威となる。サイバーセキュリティの分野は最早、国家レベルでも喫緊の課題と言っても過言ではないだろう。

またIoT(モノと繋がるインターネット)が今後爆発的に普及する事で、この分野は更に需要が高まる事が予想されている。テリロジーはセキュリティー関連製品やIPサーバーなどの輸入販売を手掛けており、サイバー攻撃に対して強みのある銘柄として今後更に注目を集めそうだ。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3825】リミックスポイント

(仮想通貨関連銘柄・電力関連銘柄)

8/20(月)はリミックスポイントに注目が集まっている。
リミックスポイントと言えば、仮想通貨関連銘柄としての印象が強いが、現在は他にも電力事業に注力している。

2018年8月28日から開催予定の「エネルギーイノベーションジャパン2018」は、エネルギーソリューション革新技術が終結した業界最大級のイベントとなるが、リミックスポイントはここの展示ブースに出展予定としている。

展示ブースでは、主に電力事業を軸とした様々な事業支援やコスト削減提案をパッケージ化したプランを提案予定としており、仮想通貨関連を取り入れた提案や、高圧電力契約におけるクレジットカード決済を可能とするサービスを展示する予定だそうだ。

また、29日には会場内で「ブロックチェーン・EV・IoTで花開くエネルギービジネス」のセミナー開催も発表しており、そこで新たなビジネスの発表が行われるのではないかと期待されている。

仮想通貨市場が少し元気が無い点は気になるが、電力分野での新しいビジネスに期待したい。

 

【6551】ツナグ・ソリューションズ

(人材紹介関連銘柄)

8/17(金)はツナグ・ソリューションズが大きく上昇している。

17日付の日本経済新聞で人材サービスを手掛ける「ツナグ・ソリューションズは2021年9月期をメドに連結営業利益が今期予想比7倍まで引き上げる計画」と報じられた。

同社が手掛ける人材サービスは、パートやアルバイトを中心とした採用コンサルティングを主軸にした内容となっている。特に小売りや外食産業向けに採用を「代行」する事業が大きく業績を伸ばしており、応募者の対応などで業務自動化ソフトを導入し、今後利益率向上を見込むそうだ。

人材不足が深刻化しているが、最近は政府が「人生100年時代」を掲げ、高齢者雇用を推し進める方針だ。パートやアルバイトといった雇用への需要拡大が今後見込む事が出来る。同社サービスの今後の展開には期待しても良いかもしれない。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4977】新田ゼラチン

(再生医療関連銘柄)

8/16(木)は新田ゼラチンに大きな注目が集まっている。
16日朝のテレビ東京系報道番組「Newsモーニングサテライト」で同社の特集が組まれた事で人気が高まったようだ。

実は多くのコンビニ弁当には新田ゼラチンが使われている。例えばパスタのソースや中華丼、麺類のスープもゼラチンで固められており、コンビニ米飯関係ではその殆どで新田ゼラチンが使われているようだ。

更に注目されるのは「再生医療」の分野でのゼラチンの使用だ。ゼラチンから作った材料を使い細胞の培地を行う事で、効率よく骨や皮膚を再生する技術に注目が集まっている。つまり新田ゼラチンは再生医療分野でのテーマ性も持つ銘柄となる。

新田ゼラチンの国内シェアは60%と強く、今後も堅調に業績を伸ばして行く事が期待される。再生医療分野での研究開発の進展と共に引き続き注目しておきたい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4393】バンク・オブ・イノベーション

(スマホゲーム関連銘柄)

8/15(水)はバンク・オブ・イノベーションが大きく上昇している。
同社は14日大引け後に18年9月期経常利益を従来予想から36.7%の上方修正を発表、増益率も2.4倍と急拡大しており、過去最高益予想を大きく上乗せする形となっている。

業績アップに大きく寄与したのは同社が手掛ける「幻獣契約クリプトラクト」や「ミトラスフィア」などのスマホゲームタイトルだ。同社がスマホゲーム運営における課金誘導へのノウハウを培ったからだろうか、同社が手掛けるスマホゲーム4タイトル全てで想定以上の課金収入が伸びているそうだ。これは今後新しいタイトルを発表すれば同等以上の収益を期待出来るかもしれないし、そういった意味でも買いが集中しているのかもしれない。

スマホゲーム関連といえば、直近ではエクストリームが連日の急騰で大きな注目を集めている。エクストリームは中国市場へスマホゲームタイトル「ラングリッサー」の配信を開始した事が好感され、僅か9営業日で4.8倍の火柱急騰となった。

スマホゲーム市場は成熟期を迎えたと言われているが、日本国内だけでもまだ1日に230万ダウンロードされているらしい。今後、中国を始めとした市場での配信など拡大していけば、更に大きな成長を見込めるかもしれない。バンク・オブ・イノベーションを始め、スマホゲーム関連銘柄の動向には、今後も注目しておいた方が良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7532】ドンキホーテHD

(小売業関連銘柄)

8/14(火)はドンキホーテHDに大きな注目が集まっている。

ドンキホーテHDはディスカウント量販店を展開している企業だが、東京都渋谷区道玄坂の旧ドン・キホーテ渋谷店の跡地周辺の再開発を発表、地上28階の高さ120メートルにもなる超高層ビルの建設をする予定だ。これが完成すれば、商業施設だけに留まらず、ホテルやオフィス賃貸など不動産分野で収益が見込める事となりそうだ。

更にドンキホーテHDは小売業で世界最大手の米国ウォルマート傘下の「西友」の買い手候補に名乗り出る可能性がある事を発表し、大きな注目を集めている。

西友は駅前などの今では中々手に入らないような好立地店舗が多い事から、ドンキホーテHDが買収に成功すれば今後大きなビジネスチャンスとなる可能性もある。

ドンキホーテHDは昨年、ユニー・ファミリーマートHDと資本業務提携を発表するなど、業容拡大に積極的だ。今後小売業界で大きなシェアを獲得する事になるかもしれない。ドンキホーテHDの今後の動向には注視したいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ