仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【7974】任天堂

(ゲーム関連銘柄)

9/2は任天堂が上昇している。

同社は家庭用ゲーム機を展開している企業だが、9/12からゲーム見本市「東京ゲームショウ2019」が開催する事もあり、思惑が集まっているようだ。

米中貿易摩擦は9/1より追加関税の応酬が発動され、中国経済への影響が警戒されているが、世界的な景気減速感にも、英国のEU離脱にも、大きな影響を受けないのがゲーム関連株だけに、資金の逃げ場としても注目され易い。

米中貿易摩擦の激化の中でも、中国のゲーム市場は拡大傾向を維持しているし、任天堂は手掛ける「ニンテンドー スイッチ」が中国市場へ投入される事が期待される任天堂にとっては追い風が意識されそうだ。

また「ニンテンドースイッチ」の携帯版モデル「Nintendo Switch Lite」の予約が開始された事で、ゲーム業界からの注目度も非常に高まっている。ゲーム関連株はマネーゲーム感覚で投資する個人投資家が多く、短期資金が集中し易い傾向もある。引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7776】セルシード

(バイオ関連銘柄)

8/30はセルシードが急伸している。

大阪大学が8/29にiPS細胞から作ったシート状の角膜細胞を初めて患者に移植した事が多くのメディアで報じられた。

大阪大学の西田幸二教授らの研究チームが行った角膜細胞の移植は、角膜の表面が傷つき失明状態にある「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者に行ったもので、8/23には患者も退院したそうだ。

角膜シートは京都大学から提供された他人のiPS細胞を培養して作られたもので、患者の女性は今のところ拒絶反応もなく、失明状態だった視力は移植後に回復へ向かっているそうだ。失明から回復へ向かう、ゼロから1へと進める事が出来た功績は非常に大きいだろう。

今後、臨床研究が順調に進み実用化されれば、慢性的な角膜提供者の不足の解消につながことが期待されているだけに、株式市場でも関心が高まっている。

セルシードは東京女子大発のバイオベンチャー企業だ。細胞シート再生医療を主体に手掛けており、同社が8/14に発表した決算が悪かった事から、現在は相当な割安圏にあった事も影響して思惑買いが集まっている。引き続き注目しておきたいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【7297】カーメイト

(ドライブレコーダー関連銘柄)

8/29はカーメイトが大きく上昇している。

常磐道で発生したあおり運転暴行事件が世間を騒がせてから、あおり運転に対する厳罰化が世論でも高まって来ている。

一部メディアでは自民党があおり運転の罰則強化などを検討する事を8/27に報じており、一気に思惑が向かっているようだ。罰則強化の内容としては「罰則の強化やドライブレコーダーの普及促進を求める意見が出され、道路交通法の改正なども視野に対策の検討を進めることになった」との事。

ドライブレコーダーはあおり運転対策だけではなく、様々な事件において役に立つ事になるだろうし、ドライブレコーダーは今後、標準装備化の流れとなる事が予想される。

その前にドライブレコーダーとして使用出来るカメラなどを販売しているカーメイトに思惑が集まっている。現在、複数のメディアでドライブレコーダーが人気で店舗によっては品薄になっていることが伝えられていることもプラスに働いており、罰則強化が更なる需要拡大に繋がる可能性が高そうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2375】ギグワークス

(働き方改革関連銘柄・シェアオフィス関連銘柄)

ここ数年、シェアオフィスやコワーキングスペースが増加している。働く場所をシェアするビジネスは今後も伸びて行く市場らしい。働き方改革で働き方が多様化するなか、働く場所も多様性が求められていると言う事か。

シェアオフィスやコワーキングスペースの利用は、個人やスタートアップ企業がオフィスコストを抑える目的で利用するケースが多かったが、近年は大企業が新規事業の創出やベンチャー企業との人脈形成を目的とした積極利用が増加しており、シェアオフィスに対する需要は更に高まっている。

ギグワークスは子会社のアセットデザインがシェアオフィスやコワーキングスペースを57拠点も展開しており、利用企業数も既に4000社を突破している。直営拠点の開設などは現在は先行投資段階である為、業績上は赤字となっているが、稼働率が優秀な状況であり、計画より早い段階で黒字化を見込む事が出来そうだ。

今後もこの分野が成長を続けるなら、同社の業績も右肩上がりとなる事が予想される。引き続き注視が必要だろう。

 

【9861】吉野家ホールディングス

(円高メリット関連銘柄)

フランスで開催中のG7で、日米首脳会談が開催され日米貿易協定の基本合意に達した事が発表された。

日本が米国産牛肉にかけている38.5%の関税は段階的に9%に下がる予定で、豚肉はソーセージなどに使う低価格品の関税は1キログラム当たり482円から最終的に50円になる予定だ。

また現在、米中貿易摩擦の激化から円高が進行しているが、これを漁夫の利としそうなのが吉野家ホールディングスか。

アメリカ産の輸入牛肉を安く仕入れられるようになれば同社が展開する牛丼チェーンにとっては大きな追い風になるだろうし、併せて円高も後押しとなる事が予想される。

昨日は日経平均株価が全面安の展開の中、年初来高値を更新したように株式市場での注目度も高い。また同社は株主優待の人気が高い銘柄だけに、権利確定後は多少下げる場面もあるかもしれない。そこを好機と捉えるかどうかが判断の分かれ目といったところか。個人的には引き続き注目したい銘柄だ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8844】コスモスイニシア

(インバウンド関連銘柄)

米中貿易摩擦の激化が報じられた事で8/26の東京株式市場も全面安の展開となっている。

波乱相場に逆行し堅実に株価を伸ばしているのがコスモスイニシアだ。同社は旧リクルートコスモスで世間を騒がせたリクルート事件の主役だった銘柄だ。1990年に修正後株価で時価の120倍近い6万7000円を付けた過去があり、その後バブル崩壊。現在は大和ハウスグループ傘下で経営立て直しに成功している。

長らく株価も底値でもみ合いをしていたが、割安感の高い銘柄として再度注目を集めそうだ。

コスモスイニシアは2020年東京五輪、2025年大阪万博などのインバウンド需要を背景とした、長期滞在型のアパートメントホテル事業が好調だ。観光立国を目指す日本にとって、この分野は前途洋々と考える事も出来るだろう。

PER4倍台、PBR0.6倍台は株価指標の側面からもまだまだ伸びシロがありそうに感じる。ホテル事業で安定成長が見込める以上、引き続き注目しておく必要のある銘柄だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8914】エリアリンク

(トランクルーム関連銘柄)

近年、トランクルームが全国で続々と増加しているのをご存知だろうか。市場規模はこの10年間で約2.5倍にまで成長している。

かつてはコンテナ型のトランクルームが多かったが、近年はマンションの一室のような施設が増加、温度や湿度の管理に加えて防犯カメラまで完備されているので、女性でも安心して利用出来る。

トランクルーム増加の背景には、都市部を中心とした住宅の収納不足がある。例えば首都圏で部屋を借りる場合、広い収納を完備の物件となると相応に家賃が高くなる。季節柄不要なものは郊外のトランクルームに預け、必要なものだけを身近に置いておくと言うのが、大都市一極集中の続く現代の主流となりそうだ。

市場規模は10年前に比べ約2.5倍増の590億円へと成長したが、2025年には1000億円規模まで拡大すると予想する声も多い。少子高齢化の続く日本で、珍しく成長する市場としてトランクルーム関連銘柄には注目をしておきたいところだ。

エリアリンクは「Hello Storage(ハローストレージ)」のブランドでコンテナタイプや室内タイプのトランクルームを全国展開、間もなく総室数も10万室に迫る勢いだ。トランクルーム関連の本命株として注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp