仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【5121】藤倉ゴム工業

(2次電池関連・マグネシウム電池関連銘柄)

マグネシウム電池関連銘柄に短期資金が入っている可能性。

日経新聞が9日に「ホンダが埼玉県産業技術総合センターとの共同研究により世界で初めてマグネシウムを使い繰り返し充電できる2次電池の実用化に目処をつけた」と報じたことにより、マグネシウム電池関連銘柄が物色されているようだ。

このマグネシウム電池は従来スマホなどに使用されているリチウムイオン電池よりも材料のコストも安く、大きさも半分程度まで小さくなるということだ。次世代電池としての期待も高い。

マグネシウム電池関連銘柄といえば藤倉ゴム工業か。同社はマグネシウム電池を開発中の企業で、これまでにも何度も関連銘柄として物色されている。他には古河電池やオリコンが上がっているが、倉元製作所や日本バルカー工業は売り先行。少し、バラつきがある様子だ。短期資金が集中しているとすれば、下りも早いかもしれない。注意しつつ。

【6666】リバーエレテック

(IoT関連銘柄・ウェアラブル関連銘柄)

10/11(火)はリバーエレテックがストップ高だ。同社の音叉型水晶振動子のシリーズに業界トップの低損失を実現した「TFX-04C」「TFX-03C」の2タイプを新たに加え、量産を開始したと発表していることが買い材料視されている用だ。

音叉型水晶振動子とはスマホやウェアラブル端末などの機器に使用される部品だ。昨今のスマホ・ウェアラブルデバイスは電力の消費が大きくなる傾向にあり、したがって型かつ低損失性能をもった部品の製品化は市場から求められていたもの。今回リバーエレテックが量産開始した製品は今後のIoT・ウェアラブル市場において高い需要が見込まれる

今回の急騰で上値抵抗線として意識される移動平均線を複数大きく上抜いた格好だ。リバーエレテックは急騰してもその後が続かない銘柄というイメージだが、今回の材料がどう評価されるか見ものだ。

【9517】イーレックス

(電力小売り自由化・バイオマス発電・省エネ関連銘柄)

イーレックスがしっかり堅調な動きだ。ジリジリと連日、株価を伸ばしており年初来高値を更新。

イーレックスは電力小売り自由化関連銘柄で、09/29には福岡県でバイオマス発電事業の準備会社を設立することを決議したことを明らかにしており、テクニカル面でも一目均衡表の雲を上抜けている。

長期のスタンスでみてもチャートは堅調な右肩上がり。時々調整しては13週線のラインにぶつかってはしっかりと反発している。現状はサポートラインから大きく乖離しているため、注意が必要だが押し目でINは面白そうな銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6879】FRONTEO

(がん関連銘柄・人工知能関連銘柄)

FRONTEOに注目。ここ最近大幅に株価を伸ばしているが、6日も大幅に急騰。

FRONTEOは先日からがんの治療法をAI(人工知能)が選択するサービスを開発すると一部のメディアで報じられており、刺激材料になっているが、6日には正式にFRONTEOの子会社FRONTEOヘルスケアが、がん個別化医療AI(人工知能)システム開発を始めることを明らかにしたとのことだ。

FRONTEOはもともと人工知能関連として注目されていた銘柄だが、医療分野へ事業を広げさらに活用の幅を拡がることで期待が高まっている。

がん関連銘柄は市場の関心が高く、人工知能関連銘柄も2016年の顔とも言えるテーマ。今回の材料はその両面を兼ね備えているため、引き続き関心をもたれる可能性もありそうだ。今後の値動きが見ものだ。

【6879】イマジカ・ロボットホールディングス

(人工知能関連銘柄・機械学習関連銘柄・VR関連・AR関連)

イマジカロボットが今日の後場でいきなり噴き上げストップ高となった。

イマジカロボの子会社のフォトロンが5日、機械学習とデータマイニングの国際会議ECML/PKDD2016に併催されたコンペティション「ECML/PKKD Discovery Challenge」で世界1位を獲得したことを明らかにした。これが買い材料視され大幅に株価を伸ばしたようだ。

今回のコンペでは人口知能の分野のなかの一つ「機械学習」を用いて、ビッグデータから未知の事象を予測する予測モデリング手法の性能を競うもの。フォトロンがこのコンペで1位を取ったことによりイマジカロボの人工知能(AI)関連銘柄としての存在感が強まった格好だ。

イマジカはここ最近は13週線、26週線のレンジで動いていたが今日の上昇で上値抵抗線をブレイク。この先の動きが見ものだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3386】コスモ・バイオ

(バイオ関連銘柄・ノーベル賞関連銘柄・オートファジー関連銘柄)

コスモバイオに注目だ。10月03日(月)にノーベル医学生理学賞が発表され、日本人の東京工業大学栄誉教授 大隅良典氏が受賞することが明らかになった。

大隅良典氏はオートファジーを解明した人物。オートファジーとは自食作用と呼ばれる現象で、人間の細胞が生まれ変わる過程で不要なたんぱく質などを再利用する仕組みのことである。このオートファジーに異常が生じるとがんや糖尿病などのさまざまな病気の原因となるとのこと。オートファジーを研究することでさまざまな病気の治療にもつながる期待が高い。

コスモバイオはオートファジーの関連試薬を手掛けており、オートファジー関連の代表格とも言える銘柄だ。4日は後場で寄らずのストップ高気配。

他にも、医学生物学研究所タカラバイオトランスジェニックなどがオートファジー関連銘柄として注目される。

【3625】テックファームHD

(カジノ関連銘柄・アップルペイ関連銘柄)

カジノ関連銘柄が動意づいているようだ。

テックファームHDはスマホやタブレットにおけるシステム開発に強みをもつITサービス提供会社で、スマホの非接触通信技術を使ったカジノ向け決済システムを展開するカジノ関連銘柄だ。

22日の日本経済新聞で「2025年に大阪誘致を目指す万国博覧会の主会場が大阪湾の人工島の夢洲に一本化されることが21日、松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長らの会談で決まった」と報じられている。

夢洲はカジノなどを含んだ統合型リゾート施設の23年開業を目指しているので、カジノ関連銘柄が動意づいた格好だ。

テックファーム以外にもオーイズミや日本金銭機械などのカジノ関連銘柄も堅調。

ちなみにテックファームはFeliCa対応のクーポンアプリなどの開発も手掛けており、電子マネー関連・アップルペイ関連銘柄としても注目度が高い。材料性豊富な銘柄なので引き続き注目だ。

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ