仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【3900】クラウドワークス

(RPA関連銘柄・クラウドソーシング関連銘柄)

RPA関連銘柄に注目したい。来週03/27(火)にRPA関連銘柄の本命株という見方もあるIPO銘柄「RPAホールディングス」がマザーズ市場に上場する。RPAホールディングスの上場日が近付くことで、じょじょにRPA関連銘柄というテーマ性にも注目が集まりつつある。

03/23(金)は全体下落相場のため、RPA関連銘柄も多くが下落となっているので反発を期待したい。注目はクラウドワークスだ。

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシング会社。クラウドワークスはRPAホールディングスとRPA分野で業務提携し、人とロボットの協同ソリューションの提供を目指している。まさにRPA関連銘柄と言えるだろう。他にもRPAホールディングスと連携する企業としてはインフォテリアやSHIFTなどにも注目だが、中でも小粒銘柄のクラウドワークスに注目したい。週明けRPAホールディングスの上場が意識されれば物色人気も高まるか。

【3652】ディジタルメディアプロフェッショナル

(ドローン関連銘柄・自動運転関連銘柄)

DMP(ディジタルメディアプロフェッショナル)に注目したい。先日、政府がドローンの商用化へ動き出すことが報じられたことが刺激になりドローン関連銘柄に物色の手が伸びている模様。主に物色されているドローン関連銘柄はやはり本命株のドーンだろうが、まだテーマ性に引き続き注目が集まるならばディジタルメディアプロフェッショナルにも注目したい。

ディジタルメディアプロフェッショナルは半導体を手掛ける企業で、画像処理ソフトなども手掛けている会社。画像処理ソフトはドローンや自動運転車への搭載も期待されることからドローン関連銘柄や自動運転関連銘柄としても注目される株だ。直近でもあまり物色されている気配はないため、ドローン関連銘柄としてはやや出遅れ気味の銘柄といえるのではないだろうか。引き続きドローン関連株に注目が集まるならば人気が波及する可能性に期待。

【2303】ドーン

(ドローン関連銘柄・自動運転関連銘柄)

03/18(日)はドーンが大幅に株価を伸ばしたようだ。

政府がドローンの商用化へ動き出すことが一部のメディアで報じられたことが刺激材料になった格好だ。2018年夏にも離島や山間部での荷物運搬ができるようにするほか、国土交通省は2020年以降の都市部での本格解禁を目指し検討に入るとしている。

ドローン関連銘柄はここ何年かで何度も注目を集めているテーマ株だが、ここにきて再物色の手が動きそうだ。ドローン関連銘柄といえばドーン。ドーンは地理情報システムなどを手掛ける銘柄。地図情報システムはドローンや自動運転に必要とされるもので関連銘柄の一角とされている。小粒銘柄で値動きが軽いため、短期資金が集まり易い銘柄でもある。この先もドローン関連銘柄に物色が集まるようならば、同じくドローン関連銘柄の菊池製作所やイメージワン、理経などにも注目してもいいかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8889】APAMAN

(RPA関連銘柄・不動産関連銘柄)

注目のRPA関連銘柄に新たなニュースだ。03/14、APAMANの子会社アパマンショップリーシングは直営店の「アパマンショップ」55店舗にて2018年04月10日から業務処理にRPAを導入すると発表した。

アパマンショップでは現在、従業員の手で行っている不動産情報入力の11ステップのうち6ステップをRPAが代行するという。これにより1店舗あたり平均3.2時間の作業時間が短縮されるとのこと。大きな業務効率化を実現できるとのことだ。

すでにメガバンクなどもRPAを導入する方針となっているが、不動産業界にもRPA導入が拡がる可能性がある。RPA関連銘柄にとっては刺激になりそうだ。RPA関連銘柄はまだ03/27に、本命IPO「RPAホールディングス」の上場を控えている。こちらの上場日が近付くことで、さらに関連銘柄に物色の手が拡がる可能性もある。

RPA関連の小粒銘柄であるジェクシードやエル・ティー・エス、クレオなどにも注目しておきたい。

【6819】伊豆シャボテンリゾート

(ユネスコ関連銘柄・ジオパーク関連銘柄)

伊豆シャボテンリゾートが大きく急騰している。伊豆シャボテンリゾートは社名のとおり、伊豆半島に伊豆シャボテン公園などを運営している企業。どうやら、伊豆半島がユネスコが認定する「世界ジオパーク」に認定されるかもしれないという思惑により物色人気が集まっているようだ。

ユネスコといえば世界遺産などを認定したりする組織として知られているのではないだろうか。世界ジオパークもユネスコの認定するもので、地球が長い年月をかけて作りあげた地形や景観を擁する地域・公園のことのようだ。

ユネスコの専門評議会は03/06に世界ジオパークの新規認定を申請した伊豆半島などの認定をユネスコ執行委員会に勧告したとのこと。4月にパリで行われる委員会で承認されれば伊豆半島の世界ジオパーク認定が決まるようだ。

伊豆半島が世界ジオパークに認定されれば、伊豆シャボテンリゾートにとっては恩恵がありそうだ。小粒銘柄なので、短期資金も流入しているのだろう。世界ジオパークの思惑でどこまで株価が上がるか注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3719】ジェクシード

(RPA関連銘柄)

今、RPA関連銘柄に人気が集まりつつある。RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、AIやロボットなどを活用し業務の自動化(効率化)を図る取り組みのことだ。

RPAという言葉は2017年にもみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などのメガバンクが導入する方針と報道されたり、何度か聞いたが今、注目が集まっているのは03/27にIPO銘柄の「RPAホールディングス」がマザーズ市場に新規上場することが最大の刺激材料と言えるだろう。

RPAホールディングスは社名の通り、まさにRPAサービス「BizRobo!」などRPA関連のサービスを事業の柱とする企業。RPA関連銘柄としてはまさに本命株といえる。RPAホールディングスの上場日が近付くにつれ、その他のRPA関連銘柄にも注目が集まりつつある。

03/12(月)はボロ株・低位株のジェクシードが前日比+28.03%と大きく株価を上げたが、この急騰もRPA関連銘柄としての物色ではないだろうか。

ジェクシードといえばERPコンサルを手掛ける企業でRPAの活用も推進しておりRPAサービスのセミナーを手掛けることから関連銘柄の一角とみる見方がある。おそらく、RPAホールディングスの上場日が近付いてきており、値動きの軽い銘柄に短期資金が集まっているのではないだろうか。ジェクシード以外の小粒銘柄ではクレオやエルティーエスなどにも注目だ。

RPAホールディングスの上場日は03/27の予定だが、まだ日にちがある。引き続きRPA関連銘柄が注目される可能性はありそうだ。

【3996】サインポスト

(電子タグ(RFID)関連銘柄・無人レジ関連銘柄)

無人レジ関連銘柄に注目だ。03/08に一部のメディアにより「国内大手ドラッグストアが2025年までにすべての店舗で無人レジを導入する」と報じたことにより、市場でも無人レジ関連銘柄に物色が広がった。

特に注目されたのは小売事業向けにソフト開発を手掛けるヴィンクスだろう。ヴィンクスは2018年2月にもパナソニックと無人レジ系のソリューション開発に向け業務提携をした銘柄だ。

ヴィンクスなどに引き続き注目が集まるようであれば、同じく無人レジ関連銘柄のサインポストにも注目したい。サインポストは金融機関や公共向けのシステム開発を手掛ける銘柄で、ワンダーレジという設置型のAIレジ(無人レジ)を手掛けている。すでにコンビニ業界、ドラッグストア業界が無人レジにむけて進みだしたが、今後さらに他の小売業界も無人レジ化に進んでいく可能性は高そうだ。引き続き注目しておきたいテーマ株と言える。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ