仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

水害対策関連銘柄

毎日更新!今すぐ使える水害対策関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【7953】菊水化学工業

(水害対策関連銘柄・思惑銘柄)

昨日の記事はコチラ「【7953】菊水化学工業(水害対策関連銘柄・思惑銘柄)

昨日場中の記事にて「前回までの吹き値場面では、すぐに行って来いとなり株価はもとの水準に戻ったが、今回は高値をキープしている。この動きには当サイトとしては思惑を感じる。」と記載したが、引け後に「配当予想の修正(記念配当)に関するお知らせ」を発表。記念配当の実施で増配するとした。

今回の記念配当は中間配当に1円を上乗せするというものであり、これが株価に大きく影響を与えるかは定かではない。

ただ、不自然な出来高の増加やテクニカル的な抵抗の上抜けなど「思惑」はチャート上にも現れる。このような情報を丹念におっていけば、必然勝率も高くなるだろう。

実際、今回は増配だったがこれが「上方修正」や「指定替」、「業務提携」といったものであればストップ高連発まで期待が持てるはずだ。

とはいえ、当サイトの読者の方はつきっきりで相場をみている時間がない方も多いだろう。

そのような方は投資顧問をチェックしてみるのも一つの手法だ。

ホーブの記事はコチラ「【1382】ホーブ(農業銘柄・震災復興関連銘柄)

上記ホーブの記事でも紹介した通りだが、この思惑を感じる動きについては、株マイスターが優れていると感じる。

無料でストップ高2発を獲得させてくれたのだから、こう感じるのは当然の事だろう。

今後は、このような思惑銘柄に注力していく。Twitterをフォローしていると、新記事公開時に通知を受け取ることもできる。

いち早く、当サイトが思惑を感じる銘柄を知りたい方は是非フォローして欲しい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7953】菊水化学工業

(水害対策関連銘柄・思惑銘柄)

菊水化学工業(7953)のチャート画像

建築物の下地材から仕上材までを一貫して製造・販売する会社だ。今年で創業60年を迎える老舗企業であり、現在は改修工事のみならず塗料分野に進出。塗料では、耐水性のシリコン塗料や断熱塗料などが好調となっている。

同社が注力している塗料「水系ファインコートシリコン」は建物の外観を長期に渡って維持できる。一般的なシリコン樹脂塗料の場合の耐用年数は10年前後だが、同社の場合の耐用年数は12年から16年だ。つまり、現在問題になりつつある大型マンションにおける大規模修繕において、費用削減効果の高い同社製品が採用される事が今後増えるだろう。

また、同社は水害対策や復興関連としても注目されるポテンシャルを秘めている。塗料以外はそもそも建築材の下地材や仕上げ材を製造販売している。つまり、台風19号による甚大な被害が同社にとって追い風になるのだ。

今回の台風では、地震被害と違い直接的な建物の倒壊という事は少なかった。一方で堤防の決壊による河川の氾濫で広範囲に渡って浸水被害が発生している。床上浸水ともなれば板材が痛む・腐食の可能性もある為張り替える必要がでてくるであろう。この点、同社商品は水害の復旧のために必要な建材を提供する会社である事から今後の売上増加が期待される。

水害に関係なく業績は回復傾向にある。第1四半期決算は好調な推移となっており、11月7日の中間決算発表では上方修正の期待も高まる。ただ、この段階では水害での特需が仮に起こっていたとしても数字には反映されない可能性があることには注意が必要だ。

株価を見てみると、年初より何度か吹き上がる場面があるものの、概ね400円前後での揉み合いとなっている。だがここにきて本年一番の出来高を伴った上昇がある。前回までの吹き値場面では、すぐに行って来いとなり株価はもとの水準に戻ったが、今回は高値をキープしている。

この動きには当サイトとしては思惑を感じる。このまま高値圏を維持できるようであれば、5日移動平均線の接近まで日柄を待ち安いところを拾っていけば妙味がうまれるのではなかろうか。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【1926】ライト工業

(水害対策関連銘柄)

九州南部に活発化した梅雨前線が停滞し、非常に激しい雨が降った影響で、土砂災害や川の氾濫の危険性が高まった。鹿児島、熊本、宮崎、愛媛の4県を中心に100万人規模に避難勧告が出たようだ。

昨年の西日本豪雨もそうだったが、日本は亜熱帯化しているのか、従来の治水では対応できないような集中豪雨となるケースが増えて来たように思う。水害対策関連のテーマ株は喫緊の課題として注目を集めそうだ。

水害対策関連銘柄として注目したいのがライト工業。同社は昨年もこの時期に注目を集めた銘柄だ。ライト工業は基礎や地盤改良を主に手掛けている企業で、災害対策に関連した事業を展開している。

また昨年の西日本豪雨で注目されたのが日特建設。こちらも基礎・地盤改良・法面工事など特殊土木を手掛ける企業だけに注目を集めやすい。

今年は梅雨明けが遅れそうだが、台風は昨年並みに発生する予測も出ている。水害対策に関連したテーマ株には注目しておいたほうが良さそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4356】応用技術

(ソフト開発関連銘柄・水害対策関連銘柄)

5/13は応用技術が引き続き大きく上昇している。

同社は業務効率化ソフトを主力に展開している企業だが、1-3月期(第1四半期)の経常利益で過去最高を85.0%も上回った事で好感買いが集中している。

特に好調だったのはゼネコンや設計事務所向け建築設計ソフトで、公園長寿化計画策定業務の売上増加も大きく寄与している。業績好調を踏まえて、19年12月期の経常利益予想を3.5億円から5億円に上方修正したが、既に進捗率は82.8%に達している為、更なる業績上振れにも期待が持てそうだ。

応用技術といえば昨年の西日本豪雨などの水害が相次いだ事で、河川氾濫解析など自治体の防災コンサルも増加したが、本年もそろそろ水害への警戒感が増すシーズンとなって来た。

特に日本は近年「亜熱帯化」している事が顕著化しているし、近年の水害の多さからも「治水」や「防災」といったジャンルには今後も大きな注目を集める事となるだろう。

業績も好調なようだし、今後更にテーマ株の観点からも注目度を増す可能性もありそうだ。引き続き注目しておきたい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4356】応用技術

(水害対策関連銘柄)

9/14(金)は応用技術が大きく上昇している。
応用技術は「モノづくり」「土木・建築」「防災・減災」「環境」などの分野で、様々な分析やコンサル業を行っている企業だ。

例えば「防災」の分野においては、津波や河川の氾濫時における浸水シミュレーションを解析し、被害を最少に抑える為のコンサルティングを事前に行う事が出来る。

2018年の夏は、関東エリアでは観測史上一番早い梅雨明けからの連日の「猛暑」や「西日本豪雨」を始め、「台風21」号の被害などが多かった事からも、各自治体から防災コンサル業への需要が増加しているそうだ。応用技術は8月に発表した第2四半期累計の連結営業利益は前年同期比53.5%増と、業績も好調だ。

特に日本は近年「亜熱帯化」している事が顕著化しているし、近年の水害の多さからも「治水」や「防災」といったジャンルには今後も大きな注目を集める事となるだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp