仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株:人工知能(AI)関連

人工知能(AI)とは、人工的にコンピュータで人間同様に考えたり実行させようとする事、そのための一連の技術を指します。近い将来普及していくであろうロボットや車両の自動運転、工場の自動化などに活用される見込み。またインターネットにおけるビッグデータを元にユーザーが求めている答えを導き出すビッグデータ解析などを行う上場企業に関しての記事を書いていきます。

【6879】FRONTEO

(がん関連銘柄・人工知能関連銘柄)

FRONTEOに注目。ここ最近大幅に株価を伸ばしているが、6日も大幅に急騰。

FRONTEOは先日からがんの治療法をAI(人工知能)が選択するサービスを開発すると一部のメディアで報じられており、刺激材料になっているが、6日には正式にFRONTEOの子会社FRONTEOヘルスケアが、がん個別化医療AI(人工知能)システム開発を始めることを明らかにしたとのことだ。

FRONTEOはもともと人工知能関連として注目されていた銘柄だが、医療分野へ事業を広げさらに活用の幅を拡がることで期待が高まっている。

がん関連銘柄は市場の関心が高く、人工知能関連銘柄も2016年の顔とも言えるテーマ。今回の材料はその両面を兼ね備えているため、引き続き関心をもたれる可能性もありそうだ。今後の値動きが見ものだ。

【6879】イマジカ・ロボットホールディングス

(人工知能関連銘柄・機械学習関連銘柄・VR関連・AR関連)

イマジカロボットが今日の後場でいきなり噴き上げストップ高となった。

イマジカロボの子会社のフォトロンが5日、機械学習とデータマイニングの国際会議ECML/PKDD2016に併催されたコンペティション「ECML/PKKD Discovery Challenge」で世界1位を獲得したことを明らかにした。これが買い材料視され大幅に株価を伸ばしたようだ。

今回のコンペでは人口知能の分野のなかの一つ「機械学習」を用いて、ビッグデータから未知の事象を予測する予測モデリング手法の性能を競うもの。フォトロンがこのコンペで1位を取ったことによりイマジカロボの人工知能(AI)関連銘柄としての存在感が強まった格好だ。

イマジカはここ最近は13週線、26週線のレンジで動いていたが今日の上昇で上値抵抗線をブレイク。この先の動きが見ものだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3666】テクノスジャパン

(人工知能(AI)関連・ビッグデータ関連銘柄・フィンテック関連銘柄)

テクノスジャパンに注目だ。

テクノスジャパンはビッグデータをAI(人工知能)を用いて解析する解析を「scorobo」を手掛ける人工知能(AI)関連であり、また子会社を通じてフィスコとフィンテック分野で業務提携していることからフィンテック関連銘柄としても注目される企業だ。

政府のGDP600兆円を目指す官民戦略プロジェクトではIoT、ビッグデータ、人工知能(AI)など次世代テクノロジーの分野で30兆円の経済効果を見込んでいる。テクノスジャパンの手掛ける次世代テクノロジー事業はこれらの中核ともいえよう。

チャートは今のところボックス相場だが、このまま上昇すればダブルボトムを描く可能性も。

【3776】ブロードバンドタワー

(人工知能AI関連・多言語翻訳)

本日材料が出ている。
なんでも、日本マイクロソフトと国立大学法人豊橋技術科学大学と協業して
AI・機械学習による多言語コミュニケーションの実現に向け協働~2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における海外からの来訪者を対象にリアルタイム翻訳を提供~ だそうだ。
このサイトで様々なオリンピック向けの翻訳やデジタルサイネージが必要と書いてきたが、BBTの出した材料で株価があまり動いていない事を考えると、押し目は狙い所かもしれないと個人的に思う。
まあ日経も下げているのでというところはあるが…。

【3443】川田テクノロジーズ

(介護ロボット関連銘柄・国策銘柄)

今日13日に政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)が行われ、2017年度予算案で科学技術分野の概算要求の指針となる「科学技術イノベーション総合戦略」がまとめられた。
人工知能(AI)やロボット分野を強化する方針のようだ。
ロボット・人工知能(AI)関連銘柄の【7779】CYBERDYNEが調整を重ねつつ株価を上げてきているが、介護ロボット関連銘柄の【3443】川田テクノロジーズもロボット関連銘柄の一角として注目が集まったりしないものだろうか。
昨日12日に発表となった決算で17年3月期は前期比5.0%減の25億円に減る見通しとなっていたが、赤字株の【7779】CYBERDYNEが上げてきたことを考えると決算内容よりテーマ性が強まってくるかどうかという気がする。
PER10.1倍、PBR0.57倍と割安感があり、インフラ補修関連も材料視されてきたら面白そうではないだろうか。
チャートも良くなってきているので注目してみたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3666】テクノスジャパン

(AI人工知能・自動運転(ZMP)関連銘柄・株式分割・増配)

フィンテック・人工知能・自動運転などに資金が向かう流れ。
テクノスジャパン社は増配と株式分割を発表済みで、上記のテーマ株にも沿う事業内容のため買われている。
人工知能関連銘柄の中でも最新の人工知能技術である深層学習(ディープラーニング)は脚光を浴びており、株価は年初来高値を形成しているが、ここで落ちるようでは押し目買いをしてみたい。
個人的には中期ゴールデンクロスも発生しているので、一旦調整を挟んで再度バンドウォークして欲しいと思う。
材料株とテーマ株に短期資金が集中しているので、この流れが継続なら素直に順張りでも。

【3698】CRIミドルウェア

(遠隔医療・VR/AR関連銘柄)
CRIミドルウェアは当サイトでも度々紹介しているが、TVゲームやスマホアプリでの高画質3D映像を映し出せるようにするような会社?
実際ゲームをしている人ならわかると思うが「CRIware」のロゴは数多く見られる。
そして連結子会社が米国にあり、今後海外展開していくとのこと。

CRIミドルウェア

同じような企業に【3907】シリコンスタジオが挙げられる。
俺氏が有給休暇を取ってでも発売初日からやりたいゲーム「ダークソウル3」はシリコンスタジオのミドルウェア「YEBIS」が用いられる。
どちらの銘柄も高画質な3Dグラフィック映像を使うVR/ARでは欠かせない存在になるだろう。
そしてソニーのVRハードウェア発売が発表され、注目されはじめた格好か。今日の株価は共に10%以上株価を急進させた。

また、遠隔医療関連の銘柄(【6034】MRT)がストップ高を付けたりと急騰劇の様相。
CRIミドルウェアは3月3日に「治療方針決定支援システム」の特許を取得。
ITと3Dグラフィックを使った「在宅医療支援システム」を慶應義塾大学医学部と共同で運用していくようだ。

市場関係社の話では、フィンテック(fintech)の次は「ヘルス×テクノロジー=Healthtech」が来るかもなんて話もある。が、実際もう株価的には来始めているので、相場が続くかどうかは各々が判断してくれ。

ちなみに米シリコンバレーでは3大○○テックが世界を変えるとも。笑
①fintech
Healthtech
③edtech
金融、健康、教育にICTテクノロジーを組み合わせた造語だ。

先回りをするなら③edtechか?キーワードは○○ラーニング??
最近ネットの広告でよく見る「プログラミングオンライン教室」とか「スピードラーニング」もそれにあたるのだろうか…。
人工知能に関わるディープラーニング関連銘柄ってのは最近良く聞くなw

んっ!? 閃いたぞ!アノ銘柄だ!!(独言)
みんなも閃いた銘柄があったらメールでこっそり教えてくれよ!!

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ