仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

話題のテーマ株

話題のテーマ株は、株価に影響するその時々の株式投資テーマに沿って、今が旬な投資セクターの記事を書いています。テーマ株は旬が過ぎた後も同セクター企業の材料等によって再度物色対象となる場合があるので、連想買いや思惑買いをして儲けを出すことも可能です。

話題のテーマ株の一覧

【3753】フライトホールディングス

(アップルペイ関連・電子決済・フィンテック関連銘柄・黒字転換)

度々紹介しているフライトHD社。
少し前に決算発表をして、今季は黒字転換の予想。
このサイトで一番最初に紹介した時は疑義注記銘柄で、下手したら上場基準を満たせなくなるような銘柄だった…。
圧迫していた研究開発費が減り、国内端末の売上が増え、さらに海外納品が進むという。
本日はEU圏の決済会社と業務提携を発表してストップ高になった。
四季報によれば海外での端末販売は手数料収受型での契約展開を狙っているようで、今日の材料はアップルペイのチャリンチャリンビジネスが上手くいくかどうかの第一歩と言えそうだ。
オリンピック開催までにアップルも日本でのアップルペイ決済を間に合わせるだろうし、依然として訪日外国人も増え続けている。
国内外のアップルペイのマーケットを多く握れれば、時価総額30億円以下という水準では収まらないと個人的には思う。

【3804】システムディ

(教育×ICT関連銘柄・edtech・国策銘柄)

5月18日(水)~明日20日(金)まで東京ビッグサイトで行われている教育ITソリューションEXPOに出展していることから期待感が強まったのか、5月16日722円まで急伸。
デジタル教科書関連銘柄として【3933】チエルが株価を一気に上げたが、【3804】システム ディもIT(情報技術)を使った教育サービスでの成長性への期待感が先行してくれば面白そうだな。
政府が小中学校でのプログラミング教育必修化の方針を打ち出したことなどから、教育ICT(情報通信技術)市場は20年までに2,000億円規模になると想定されているようで、教育ICT関連の材料が出れば話は早そうだが、来月6日(月)、7日(火)には総務省及び日本経済新聞社が「世界ICTサミット2016 デジタルトランスフォーメーション ~ビジネスが変わる・ものづくりが変わる~」の開催を予定していたりするので、また話題性・テーマ性から物色が強まってくるかもしれないな。
3月14日に発表した決算は11-1月期経常が赤字拡大という内容だったが、PER7.2倍ほどと割安感がある。

17日、18日と下げ一波終わった印象だが、25日線あたりでしっかりと切り返してきているので、今後の動きにも注目してみたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3443】川田テクノロジーズ

(介護ロボット関連銘柄・国策銘柄)

今日13日に政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)が行われ、2017年度予算案で科学技術分野の概算要求の指針となる「科学技術イノベーション総合戦略」がまとめられた。
人工知能(AI)やロボット分野を強化する方針のようだ。
ロボット・人工知能(AI)関連銘柄の【7779】CYBERDYNEが調整を重ねつつ株価を上げてきているが、介護ロボット関連銘柄の【3443】川田テクノロジーズもロボット関連銘柄の一角として注目が集まったりしないものだろうか。
昨日12日に発表となった決算で17年3月期は前期比5.0%減の25億円に減る見通しとなっていたが、赤字株の【7779】CYBERDYNEが上げてきたことを考えると決算内容よりテーマ性が強まってくるかどうかという気がする。
PER10.1倍、PBR0.57倍と割安感があり、インフラ補修関連も材料視されてきたら面白そうではないだろうか。
チャートも良くなってきているので注目してみたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【8057】内田洋行

(デジタル教科書関連・edtech・教育×ICT関連銘柄)

先日書いた【3933】チエルが1週間で株価が2倍以上に急騰した。
材料が出ていた為だが、教育×ICT関連銘柄として内田洋行社も注目しておきたい。
政府が20年までに小学校、中学校、高校に配備する無線LAN設備投資に対し5割負担することを決めたようだ。
同社はオフィス家具大手で学校備品等も扱う。本業は好調とは言えなそうだが、四季報によると「教育用ICTや情報で案件を積み上げ」との記載がある。
投資指標においても内田洋行社は割安に見えるという点も。

【9419】ワイヤレスゲートもwi-fi機の需要増大で期待されるであろう。

【3902】メディカル・データ・ビジョン

(IoT関連・Healthtech関連・健康×ICT関連銘柄)

遠隔医療に関連する銘柄の調子が良い。
本命とされる6034MRTは調整基調だが、新たな株式テーマ性がない今、やはりマザーズ市場で個別手掛かり材料のある銘柄に資金が入りやすい気がする。

メディカルデータビジョン社は現時点でも1400万人の患者データを有しており、今後も病院から提供されるようだ。このビッグデータを活用する動きは安倍首相の推進する「医療情報のネットワーク化」にも沿う。
2020年には市場規模26兆円を目指すとも書かれているし、少子高齢化で且つ健康への注目が高い昨今、伸びていきそうなカテゴリーである。
ただ、MRTもメディカルデータビジョンも指標的には高値警戒も必要そうだ。
まだまだ株価上昇するようなら順張りで、手仕舞は早めが良さそうだ。

【3933】チエル

(デジタル教科書・edtech関連銘柄)

シリコンバレーの3大○○テックのedtechに注目したい。
チエルはジャスダックに上場したばかりの新興銘柄でデジタル教科書だけに収まらず、教育×ICTの技術を持つ。
上場後はお決まりの値崩れをしたが、22日文部省が発表した20年からのデジタル教科書導入をきっかけに大きく株価を伸ばしている。
窓開け急騰している銘柄なので順張りの人は勢いのある時に乗るのが良いだろうが、俺みたいなチキン野郎は逆張りのタイミングを狙いたい銘柄だ。

ちなみに米シリコンバレーでは3大○○テックが世界を変えるとも。笑
①fintech
Healthtech
③edtech

金融、健康、教育にICTテクノロジーを組み合わせた造語だ。
と以前の記事で書いたが強ち間違っていないかもしれないな。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【4064】日本カーバイド工業

(VR関連思惑・空中ディスプレイ関連)

出来高が前日出来高114,000株から61,008,000株へ535.15倍に急増。
日本カーバイド工業は中堅化学メーカーで化学技術を基盤に樹脂、電子材料、ファインケミカルなどを展開している会社だが、東京ビッグサイトで開催されている「ファインテック ジャパン(フラットパネル ディスプレイ 技術展)」で空中ディスプレイ「Nikkalite」を出展し注目を集めているようだ。
空中ディスプレイ「Nikkalite」はリフレクターで映像を反射させて空中に像を映す技術のようだが、【2438】アスカネットが同じようなネタで急騰したことを考えると、日本カーバイド工業もテーマ性を強めてくるかもしれないな。
30.17%も上げ明日は下げるかもしれないが、今日7日取引終了時点でのPERは10.3倍、PBRは0.57倍と株価の水準は割安と言えそう。
VR関連思惑もあるようで、一目均衡表【雲】上抜けとテクニカル的にも面白そうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ