仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【4355】ロングライフホールディング

(介護関連銘柄・中国関連銘柄)

介護関連銘柄のロングライフホールディングに注目だ。ロングライフホールディングは03/31(金)、04/03(月)と連続でストップ高になっている。

買い材料となったのは、ロングライフHDの中国における合弁会社「山東新華錦長生養老運営」が中国・青島市政府による訪問介護事業を受託したと発表した件だ。

介護関連の事業を行うケアサービスが03/17に中国・北京で介護事業を展開する合弁会社を設立すると発表したことにより、6日連続のストップ高となったことを考えるとロングライフホールディングもまだ買われる可能性があるかもしれない。

中国は日本と同じく高齢化社会が進んでおり、中国における介護事業は非常に社会的ニーズが高まっているようだ。特に中国は人口も多く、介護事業が軌道に乗れば業績面も期待が持てる。ロングライフホールディングは中国関連銘柄の一角として注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3907】シリコンスタジオ

(VR関連銘柄・スマホアプリ関連銘柄)

03/27(月)はシリコンスタジオが大きく株価をあげていたようだ。シリコンスタジオといえばゲーム用ミドルウェアが主力の銘柄で、VR用のミドルウェア開発にもチカラを入れていたことで、VR関連銘柄としても注目された銘柄だ。

シリコンスタジオの今回の買い材料とされたのは、スクウェア・エニックスの最新スマホゲーム「ブレイブリーデフォルトフェアリーズエフェクト」が好調にアプリランキングで上位になっていることのようだ。

この「ブレイブリーデフォルトフェアリーズエフェクト」はシリコンスタジオが開発に全面的に協力したようで、スクエニよりも株価の値動きが軽いシリコンスタジオが物色されているようだ。VR関連に加え、アプリ関連銘柄としても面白い銘柄だ。特にアプリ関連の材料で注目される場合、そのアプリで「○○万人DL突破」という発表をすれば、定期的に動意づく可能性もある。引き続きシリコンスタジオの推移に注目したい。

【6245】ヒラノテクシード

(有機EL関連銘柄・リチウムイオン電池関連銘柄)

ここ数日、ケミプロ化成が大幅に株価を伸ばしているところが気になる。特段、大きな材料が出たというわけではないとは思うが、これは有機EL関連銘柄としての物色だろうか。それにしてはその他の有機EL関連銘柄はさほど物色されていないが。

有機EL関連銘柄として物色されたかどうかはさだかではないが、ケミプロ化成以外の有機EL関連銘柄はここ最近は若干調整中のため、自然反発を見込んで仕込むのも面白いかもしれない。ヒラノテクシードは有機EL成膜プロセスを手掛ける銘柄で、有機EL関連銘柄としてはやや出遅れ気味の銘柄に思う。チャートをみるとここ最近は調整しており、下値支持線として意識される26週移動平均線に接近中。自然反発を狙うタイミングとして面白いかもしれない。

【4334】ユークス

(カジノ関連銘柄・AR関連銘柄)

03/17(金)はユークスが一時ストップ高まで株価を上昇させた。ユークスは2017年1月に同社のARキャラクター「AR performers」がエイベックスからメジャーデビューすると発表し、AR関連の出遅れ銘柄として注目された銘柄だ。

今回の刺激材料となったのも、ユークスのARキャラ「AR performers」関連の材料だ。「AR performers」のライブ映像を上映する「1st A’LIVE REWIND」(4月15~16日)のプレイガイド先行抽選申し込みが16日にスタートしたことにより期待感から買われた格好だ。また、この「AR performers」のミニアルバムが03/29に発売する予定なのも買い材料とされたのかもしれない。

AR関連としてそれほど爆発するような材料には思えないが、やはり出遅れ感から買われているのか。ユークスはカジノ関連でも出遅れ気味な銘柄だったので、短期目線で注目するなら面白いかもしれない。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6081】アライドアーキテクツ

(スナップチャット関連銘柄・越境EC関連銘柄)

アライドアーキテクツに注目だ。同社は03/02に米国ニューヨーク市場に上場した写真・動画共有SNS「スナップチャット」を運営する米スナップ関連銘柄として注目された銘柄だ。

アライドアーキテクツはスナップチャットの広告パートナーとして認定されている企業で一時は本命視され大きく株価を上げたが、スナップチャットの上場以降は出尽くし感からかジリジリと調整。確かにスナップチャット関連銘柄としては新たな材料が出てくるまではあまり期待はできないかもしれないが、同社は越境EC関連銘柄としても注目の銘柄だ。

アライドアーキテクツSNSを使った企業のマーケティング企画を支援する事業を行っており、中国圏最大のSNS「Weibo(ウェイボー)」の公式マーケティングパートナーである北京天下秀科技有限公司と、日本で初めて正規販売代理契約を締結していることから越境EC関連銘柄としても注目される。

良い感じに調整しているしテーマ性のある銘柄なので反発狙いも面白いかもしれない。

【3844】コムチュア

(IoT関連銘柄・人工知能(AI)関連銘柄・地方創生関連銘柄)

ここ最近、ITbookが大きく株価を伸ばしているようだ。
どうやらマイナンバー関連の受注などが期待されているのと、コムチュアとIoT技術を活用した地方創生支援ビジネスで業務提携している点などが、評価されている模様。

ITbookは出来高を伴いつつ大幅な株価急騰。短期資金の物色だろう。それにくらべコムチュアは爆発的に急騰しているわけでもなく、しっかり下値を切り上げていっている印象だ。チャートをみると現状は高値圏にも思えるが、押し目狙いは面白いかもしれない。いずれにしても、IoT関連・ビッグデータ関連・人工知能(AI)関連・地方創生関連と材料豊富な銘柄なので注目だ。

【5900】ダイケン

(宅配ロッカー関連銘柄)

先日、宅配ロッカー関連銘柄の一角としてアルファを紹介したが、アルファの対抗馬としてダイケンにも注目したい。

宅配ロッカーを製造・販売している上場企業はパナソニックやLIXILグループなどいろいろあるが、時価総額の規模からして短期資金の狙い目になりそうなのはやはりアルファとダイケンだ。

ダイケンは建築金物や建材を手掛ける企業だが、宅配ロッカーも手掛けている。面白いのは戸建て用の宅配ロッカーを手掛けている点。マンションでは宅配ロッカーをよくみるが、まだ戸建て用の宅配ロッカーを完備している方は少ないように思う。

今後、戸建て用の宅配ロッカーの需要が高まればダイケンにとっては大きなビジネスチャンスと言えるだろう。時価総額の規模からして短期資金の狙い目になる可能性も十分ある。アルファと併せて注目したい宅配ロッカー関連銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ