仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【9424】日本通信

(金融関連銘柄・通信関連銘柄)

6/1(金)は日本通信が大きな上昇を見せている。
日本通信が開発を進めるスマートフォンを用いたフィンテックプラットフォーム「FPOS(エフポス)」が金融庁の「FinTech実証実験ハブ」の支援案件として決定された事を受けて、買いが集中しているようだ。

スマートフォン端末は金融取引を行う際にセキュリティの面で不安があったが、「サブSIM」と呼ばれるICカードを用いる事で、安全な金融取引が出来るようになるらしい。何より日本通信が開発する「FPOS(エフポス)」は、全てのスマートフォン利用者、具体的にはドコモ、KDDI、ソフトバンク、そして全てのMVNO事業者にサービス展開が可能な間口の広さを持つプラットフォームとなるそうだ。

金融庁が支援する実証実験には【8334】群馬銀行、【8331】千葉銀行、【3994】マネーフォワードなど6社共同で行うそうだ。実証実験が成功すれば、一気に普及拡大するかもしれない。実証実験の動向込みで、関連銘柄には注視しておく必要がありそうだ。

 

【3766】システムズ・デザイン

(人工知能(AI)関連銘柄)

5/31(木)はシステムズ・デザインに大きな注目が集まっている。
2018年5月30日取引終了後に、システムズ・デザインは知識検索型人工知能(AI)サービスである「クレイオナレッジサーチ」の提供開始を発表した。

「クレイオナレッジサーチ」は、予め学習させた回答だけではなく、自然文の問い合わせに対してランキング形式に回答候補のリストを提示、その回答結果のフィードバックを継続して学習を続ける人工知能(AI)を活用したサービスだ。

主に企業サイト案内上のQ&A項目や、業務マニュアルや専門文書など、多様な分野で活用が見込めるものとなりそうだ。特に資料を見る限り、企業のホームページなどで需要が高まりそうだ。

このAIサービス、提供に際しては【9984】ソフトバンクと販売パートナー契約を締結している為、販売経路は拡い。一気に拡大する可能性もありそうだ。引き続き注目したい銘柄だ。

 

【4585】UMNファーマ

(バイオ関連銘柄)

5/30(水)は日経平均株価も大幅な下落局面を迎えている。
イタリアの政局混迷などが影響して、米国NYダウ平均も前週比一時500ドル超の下落と、世界的に地合いが悪い状況のようだ。

その中でも大きく上昇しているのがUMNファーマ、ワクチン製造技術に強みのある創薬ベンチャー企業だ。【4507】塩野義製薬と資本業務提携契約に定められた半年ごとの達成状況である第1回マイルストーン条件を達成した事で好感買いが集まっている。

半年ごとにあらかじめ定められた成果の達成に応じて、塩野義製薬から一定額のマイルストーンフィーを受け取る事となるが、ヒト用感染症予防ワクチンなどの創薬に関する基盤技術整備など、順調に研究が進んでいるという事だろう。

これまでの大学及び公共研究機関との受託実績から、研究段階の製造受託だけではなく、製品化も想定した案件も候補にあがっているそうだ。創薬の分野は一発当たればデカイだけに、今後のUMNファーマの研究状況など、動向には注視しておきたい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4112】保土谷化学工業

(有機EL関連銘柄)

5/29(火)は保土谷化学工業が大きな上昇を見せている。
一部メディアを通じて、アップルが2019年に発売予定の全てのiPhoneの新型モデルで有機ELを搭載する事が決定したと報じられた事で、有機EL関連銘柄への物色人気が高まっているようだ。

スマートフォン端末だけではなく、次世代4Kや8Kテレビとしても大きな注目を集めており、従来の液晶テレビの十分の一の薄さ、5mmの薄さで4Kや8Kテレビを生産する事が可能とされている。尚、有機ELの生産能力は今後数年で4倍超になるとも試算されているそうだ。

iPhoneの新型モデル全てで有機ELが採用されるとなれば、4Kや8Kテレビやデジタルサイネージ(電子看板)など様々な分野に波及する可能性もありそうだ。

今後更に液晶の時代から有機ELの時代へと移行するだろう。有機ELの開発に注力している保土谷化学工業には長期的にも注目したい銘柄となりそうだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2144】やまねメディカル

(仮想通貨関連銘柄)

仮想通貨関連銘柄が何かと騒がしい印象だ。
先週だけでも複数の企業が、新しく仮想通貨事業に参入、または業務拡大の意向を発表して大きな注目を集めている。

その中でも注目は介護施設などを首都圏に展開している「介護関連銘柄」のやまねメディカルだ。2018年6月28日に開催予定の定時株主総会に、定款一部変更を付議すると発表。「障害者支援施設の運営」などの他に、「仮想通貨の交換業及び仮想通貨に関する販売所・取引所の運営・管理」を事業目的に追加する。

介護関連事業を展開するやまねメディカルが、突然の仮想通貨事業への参入、しかも「交換業及び販売所・取引所の運営・管理」ということは、第二のリミックスポイントを目指すつまりなのだろうか。

他にも【2489】アドウェイズや【3845】アイフリークモバイル、【7860】エイベックスなど、全くの異業種から仮想通貨事業への参入を発表をしている点にも注目したい。その多くが6月末での株主総会で付議される予定となっている。

これだけ多くの企業が参入する以上は、今年の下半期に仮想通貨業界に何か大きな動きがあるのかもしれないし、関連銘柄の動向には注意して見ておく必要がありそうだ。

 

【3266】シグマクシス

(人工知能(AI)関連銘柄)

5/25(金)はシグマクシスに大きな注目が集まっている。
24日取引終了後に、【8411】みずほフィナンシャルグループと共同で行っている実証実験で、シグマクシスの開発する人工知能(AI)搭載のドキュメント自動入力プラットフォーム「ディープシグマDPA」を活用し、「手書き・非定型帳票の事務処理業務」を約8割削減する事に成功したと発表した。

みずほ銀行は先週、2026年までに従業員を1万9000人削減する事を発表したが、業務に人工知能(AI)を活用する未来の為に、組織を再編する狙いがあるのかもしれない。いずれにしろシグマクシスが開発した「ディープシグマDPA」は、今回の発表で金融業界から大きな注目を集めそうだ。

シグマクシスの筆頭株主である【8058】三菱商事が、全株式を売りに出す事が発表されてから株価を大きく落としているが、割安感と今回の好材料で大きく上昇するかもしれない。要注目の銘柄といえるだろう。

 

【3266】ファンドクリエーショングループ

(民泊関連銘柄)

民泊新法の解禁が迫り、民泊関連のニュースが増えて来た印象だ。5/24(木)はファンドクリエーショングループが大きな上昇を見せている。

同社グループの子会社が、民泊の完全運用代行や民泊事業者向けの各種サービス事業など、民泊業界で大きなシェアを持つ民泊運営管理システムを展開するマツリテクノロジーズと資本業務提携を発表した。民泊とマンスリーマンションの運用を組み合わせたビジネスで協業する。また、民泊物件を対象としたファンドの開発も行うらしい。

民泊とマンスリーマンションの相乗性は高そうで、双方にとって大きくプラスに寄与する可能性の高い提携となりそうだ。民泊に関する情報は今後増える事が予想されるだけに、関連銘柄には引き続き注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ