仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6634】ネクスグループ

(Iot,仮想通貨関連銘柄,メタバース関連銘柄)

東証JQ上場、IoT関連の通信機器を開発・販売。5G関連製品やAI端末の開発に注力。暗号資産・ブロックチェーン事業も展開する企業だ。

昨日急動意しているが、兜町情報通の話では大口が資金を投入しているとの話。同社はテーマとしては暗号通貨、メタバースと個人投資家の人気を博すテーマを抱えているが、仮想空間で提供されるサービスやデジタルコンテンツの取り扱いやブロックチェーン技術を利用したトークン「ネクスコイン」を活用したサービスの提供、仮想空間を楽しむためのハードウェアの開発・販売などを検討している。

この材料を背景に大口が先回りで資金投入してきたとの事だが、過去のチャートは行って来いという動きが多く、今回も長持ちするのか?というのは疑問ではあるが初動と言えるタイミングからも監視しておくべきと言える。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4528】網屋

(2021年IPO銘柄,ネットセキュリティ関連銘柄)

本日のIPO銘柄だが、東証マザーズに上場、ログ管理製品「ALogシリーズ」等の販売などデータセキュリティ事業やICT通信インフラネットワークの設計・構築をクラウド上から遠隔で行う「NetworkAllCloud」サービス等の提供などネットワークセキュリティ事業を手掛ける企業。

時価総額80億円程度と小型。同社の事業は、重要データの記録に着目し、人工知能(AI)テクノロジーをログ分析に活用して顧客のセキュリティーレベルを向上する「ログ管理製品「ALogシリーズ」等の販売などのデータセキュリティ事業」、ICT通信インフラネットワークの設計・構築をクラウド上から遠隔で行う「NetworkAllCloud」サービス等の提供の「ネットワークセキュリティー事業」を展開。

小型公開価格1970円だが公開価格を130円、+6.6%の2100円で初値をつけたが、昨今はサイバーテロも多く、事業内容的にも伸びしろは高いと見る。ベンチャーキャピタルの玉はロックアップ90日or1.5倍で40万株あるが、枚数としてはそこまでではないだけにもう一段高あると予想する。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6524】湖北工業

(2021年IPO銘柄,電気自動車関連銘柄,5G関連銘柄)

東証2部に上場の「アルミ電解コンデンサ用のリード端子及び光ファイバ通信網用の光部品・デバイスの製造・販売」を手掛け、光部品・デバイスのリーディングカンパニーと言える企業。

野村証券主幹事で12月21日上場、同銘柄だが、公開価格4000円だが初値は5300円と高く寄り付いたが、その後下落、同社だがベンチャーキャピタルの玉はなく、売り上げの伸びも非常に良い。アルミ電解コンデンサは急速に電装化の進む自動車 (CASE)、 通信分野 (5G)、産業機器(ロボット化)など、活躍の場が多く、ここからの相場で電気自動車、5G関連とテーマ性の高さもあるだけに、売り一巡後は注目される可能性も!

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4587】ペプチドリーム

(新型コロナウイルス関連銘柄、新型コロナウイルスワクチン関連銘柄)

オミクロン型の変異種が世界各地で拡大となっているが、欧州、米国の感染状況もデルタ型からオミクロン型への感染へと移り変わっている。ペプチドリームは東証1部、菅裕明・東京大学教授の技術を基盤として設立されたバイオ創薬ベンチャー、特殊環状ペプチドを創製する独自技術であるPDPSを用いて医薬品候補物質を探索、国内外の製薬企業との様々な医薬品を開発する企業。

同社は直近で、ガイアの夜明けでも国内のワクチン開発企業として特集を組まれたが、同社の関連会社である創薬ベンチャーのペプチエイドが取り上げられ、「ペプチド」を用いて今後、変異株が出現しても対応できる画期的な技術を確立したと紹介されている。

ペプチエイドが開発する新型コロナ治療薬候補は、22年1月にも人への臨床研究を始めると発表しており、早ければ22年末にも実用化の考えられているが、チャートを見ても大底からやっと反発したという形なだけにここからの動きも注目と言えるぞ!

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8260】井筒屋

(アフターコロナ関連銘柄)

ここ最近でずっと強い上昇が続いている【8260】井筒屋だが、相場と逆行する強さを見せているが、そろそろ警戒すべきとの話が来ている。

同銘柄だが、目標株価500円と言われていたが、本日高値480円と500円に接近しつつある。

今になって目標株価はまだまだ上だなんて話がでているが、同社の事業は北九州地盤の老舗百貨店とアフターコロナ関連銘柄とは言っても、業績で今の上昇となっているわけではなく、明らかに大口が仕掛けているという動き。

今までの経験上、仕掛けている側の目標というのは大体達成できない場合が多く、その前に仕掛け側の投げがでるというパターンが殆どとなる。

株価は信用規制にならないように上手くやっている感じはあるが、どうもすでに保有を減らしてきているとの話もきている。まだまだチャートは強いが昨今の相場環境を考えても梯子がいつ外れてもおかしくないだけに注意しておくべきだろう。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【2479】ジェイテック

(人材派遣関連銘柄)

東証JQ上場、技術者派遣に特化した人材サービス会社、2012年にLIXILの技術者派遣子会社を買収、建築分野へ領域を拡大。機械・電子設計やソフト開発の人材を直接雇用し、電機、自動車、精密機械などのメーカーに派遣(特定派遣)している。

直近で売り込まれていたが、経済の回復から人手不足が改めて浮き彫りとなり、人材派遣業に追い風が吹くと見られる。

業績面は今一つだが、チャートを見ても大底と言える位置にあり、下値リスクは低いと見れる。時価総額も17億円と小型。同銘柄に資金を投入してきている大口もいるとの話もあり注目したい。

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【6047】Gunosy

(ゲーム関連、NFT関連、FinTech関連銘柄)

東証1部上場、スマホ利用者向けに新聞、雑誌、ネットメディアなどと提携してインターネット上に存在する膨大な量の情報の中から、ユーザーの興味・関心にあわせてパーソナライズ化された情報を配信する「Gunosy(グノシー)」を展開。

女性向け情報中心の「LUCRA(ルクラ)」、時事ニュース中心の「ニュースパス」も成長。記事閲覧データから個人の興味や関心についてのデータを蓄積、広告配信を最適化する技術に強みを持つ企業。

直近で同社株価が急上昇している背景だが、今月1日にインドでデジタルクレジットカードサービス「slice」を提供するGaragePreneursの強制転換条項付優先株式の追加取得を決定している。

日本の人口の10倍のインドでは何億人ものインド人が銀行口座を持つが、クレジットカードを持っているのは約3000万人にとどまっており、今後の伸びしろは高い。

すでに同インド企業の評価額が10億ドル以上に引き上げられているとの事だが、スライスが各国が注目するユニコーン企業という事を考えても、同社株への期待は高いと見る!

オープンチャット「仕手株まとめの勉強会「金の四方山話」」はこちら

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com