仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【6238】フリュー

(指原莉乃関連銘柄)

フリューはゲームセンターなどで良く見かける「プリクラ」を扱う会社となる。もともとはオムロンの新規事業として始まったが、その後2003年に分社し2007年にはMBOで独立している。

プリクラの消耗品であるシール販売を通じて高い利益率と安定した利益を出しており、この資金をもとに事業の多角化を行っている。現在は携帯コンテンツやコンシューマーゲーム。更には飲食事業などにも進出。

さて、芸能人の指原莉乃がプロデュースするカラーコンタクトレンズが発売4ヵ月で売り上げは50万箱、8億8000万円に上っているという。これが本当であれば、年間で26億4000万円の売上となる。実際のところはスタートダッシュがすごかったという事もあり、2019年の売上は14億6100万円となっている。ただし、2020年は16億2700万円と二桁の増収と大幅な伸びを見せている。フリュー自体の売上は約270億円のため、今後物販事業が伸びをみせれば株価へ影響を与える可能性がある。特にコンタクトは原価が安い為、利益は高いものと考えられる。

また、ゲーム事業においても男性向けゲームから撤退し、黒字化するなど業績は堅調だ。流石に今期はコロナの影響で主力であるプリクラの稼働が落ちてはいるが、時価総額275億円に対し無借金で現金保有が127億円となるのはかなり魅力的だろう。今後の株価に注目したい。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9854】愛眼

(材料・IR)

愛眼はメガネの卸と小売を行う専業メーカーで、専業としては首位。関西や東海が地盤となっている企業だ。郊外型のショッピングモールなどへの出店が多い。

ただ、低価格帯のJINSやメガネ市場との勝負に劣勢となっている。そのため、価格帯をメガネの三城よりは安い、中価格帯にして勝負にでている。

さて、会社説明はこの程度として、同社に曲がり屋が投資をしていると話題になっている。これを材料・IRのカテゴリーにして良いのかわからない、くだんの人が投資をする銘柄は全て下落すると話題だ(笑)

その人が一昨日から投資をしているという事が判明したのだが、チャートを見て欲しい。本当に下げている。そんなアノマリーだけで投資をするのはどうかとは思うが、75日移動平均線まで下回ってしまうと支持線がなくなってしまう。

今回はあまり真面目な記事ではないが、話のネタにしてもらえたらと思う。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4960】ケミプロ化成

(有機EL関連銘柄)

ドイツ大手化学会社BASFの日本法人が主な納入先で全体の3割を占める添加剤が主力の化学品メーカー。紫外線吸収剤では国内トップとなる。化学品以外にも、防腐剤やシロアリ駆除剤などホーム産業事業を育成している。

本日に日本経済新聞が「Apple、次期iPhone全機種に有機EL 脱・液晶加速」と報じた。アップルはこれまで上位機種のみ有機ELを採用してきたが、これを全機種に広めるとのもの。これにより、有機ELの採用が先行しているファーウェイやサムスンに次ぐ出荷台数第三位のアップルが有機ELに移行する事から、関連銘柄へと物色が広がっている。

ただ、株価の上昇は思惑先行となる。実際には有機ELの生産・納入で実績をもつのはサムスンであり、アップルと取引をするのはサムスンやLGなどになると考えれるのが妥当だ。ただ、有機EL市場で圧倒的なシェアを誇るサムスンはスマートフォン事業においてライバルに当たる事もあり、アップルがサムスン以外の納入先を探す可能性はある。

国内で有力なのは保土谷化学工業などになるが、これも納入など売上増に実際につながるかは不透明な部分が大きい。もちろん、ケミプロ化成も同様だ。

一方で、ケミプロ化成の時価総額は本日のストップ高基準で48億円ほどと小さい。全体相場が落ち着きを見せ、資金が循環し低位小型株が急騰している最近の株式市場であれば、高値更新が続く可能性がある。実際の売上に貢献するは別として、株式市場ではテーマにのる事で株価は大きく動く。今後の株価動向には注目が必要だろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4215】タキロンシーアイ

(水害対策関連銘柄・新型コロナ関連銘柄)

タキロンシーアイはプラスチック加工を営む会社で、建築資材事業・環境資材事業・高機能材事業・機能フィルム事業を展開している。今期は減収減益となった事から物色が向かず、PER12倍台・PBR0.8倍台と株価は沈んでいる。

特に減収幅が大きかったのは環境資材事業となる。これは、増税前の駆け込み需要の反動減や昨年度の台風災害の復旧特需が剥落した事にある。ところが、今夏も既に南九州で水害が発生しており、近く激甚被害に認定される見込みだ。剥落した水害復興需要は回復する事が想定される。また、気温の上昇傾向により今後も水害対策は必要となってくるだろう。その差に水害対策の同社商品は活躍を見せるかもしれない。

また、高機能材については3Qにて、工業用プレートの売上が半導体設備投資復調の兆しを受け増加している。挽回まで至らなかったものの、現在の半導体関連株の上昇を考えれば、20201年度1Qで挽回できている可能性も十分にある。

その他に思惑としては、新型コロナ対策がある。飛沫感染防止の為のアクリル板の需要は大きいものがあろうし、塩化ビニールなどは小売店の感染防止の為にレジに垂らされているのを皆さんも見るだろう。

直近高値の748円を抜ける事ができれば上昇波が見てとれる。昨年来高値となる762円を抜ければ、次に852円。ここを抜ければPER的には1000円と大台になる可能性もある。ひとまずは、748円を抜ける事ができるかに注目してもらえたらと思う。

 

【6634】ネクスグループ

(思惑銘柄)

ネクスグループの祖業は通信機器の設計・販売を祖業とし、現在では衣料や雑貨を販売する「チチカカ」が主力となっている会社だ。その他、インターネット旅行事業や農業ICT事業なども手掛けている。

同社は新型コロナ感染症で在宅ワークが広がった事から、「USB 型 3G/LTE データ通信端末「UX302NC-R」 テレワークに対応した「セキュアアクセスパッケージ」を提供開始」とのIRを発表。バッテリーレスで接続できるUSB型の通信端末と2段階認証を活用しセキュリティを高める事で在宅ワークを後押ししている。この施策により、通信機器セクターの利益は伸びているようだ。

また、【2345】クシム(旧社名はアイスタディ)と連携し「クシムと「GIGA スクール構想」に向けて提携強化 〜全小中学生 930 万人に PC1 台の時代を見据えたサービスパッケージを開発〜 」を発表。e ラーニングコンテンツに強いクシムと組む事で一層通信機器の販売を伸ばしたい考えだ。

ただ、祖業の通信機器販売が伸びてもその他事業が新型コロナの影響をうけて苦戦しているだけに注意は必要だろう。

株価を見ていると、このような開示に反応に上昇している。特に本日は出来高を伴い大きく上昇した。後場には20万株以上の成買いが入っていただけに何か思惑を感じるのは私だけだろうか。

チャート的にも押し目を作りながら上昇しており、底値圏脱出の初動のようにも見える。本格的に底値からの脱出となるためにも新たな情報が欲しいところだ。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4563】アンジェス

(新型コロナ関連銘柄)

アンジェスは大阪大学医学部の森下竜一教授が創業した創薬ベンチャー企業である。重症虚血肢遺伝子治療薬など、遺伝子医薬の開発・実用化を目的している。

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発において耳目を集めている事からご存知の方も多いだろう。株式投資が長い方なら知らない人はいないと思われる。

タカラバイオや塩野義、ダイセル、EPSなど大手企業が相次いで同社のワクチン開発にあいのりしてくるなど、ワクチン開発への期待が強く、それにより株価も大きく上昇している。「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けDNAワクチン:第1/2相臨床試験開始のお知らせ」にもあるように、治験が前倒しで進捗しているだけに期待したい気持ちもわからないでもない。

が、アンジェスである。いつ増資がきてもおかしくない事は頭の片隅にいれていただきたい。投資歴が長い人であれば知らない人はいないと先程記載したが、それは同社が頻繁に増資を繰り返し、その度に新薬に期待した投資家に悲鳴をあげさせ続けているという意味だ。

また、私の耳には「昨日6月30日の大きな下げ拾ったのは10年来の大株主であり、非常に力を持ったところだ」という怪しげな話も入ってきている。このような話がでてくるというのはあまり良い兆候ではないだろう。

もっとも、チャートとしても崩れている。25日移動平均線を割り込んでおり、ここから挽回するには新薬を開発を成し遂げるしかないだろう。先程の怪しい話が本当だとしても、短期的なつっこみどころを買う事はできても、時価総額2000億円を下支えできるものではない。

個人投資家に人気がある銘柄故に、夏のボーナスで買われる可能性もあるが、見切りは早い方が良いだろう。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【4497】ロコガイド

( IPO/新規上場)

ロコガイドはチラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営を手がける会社だ。当初は4月上場を予定していたが新型コロナの問題もあり、2ヶ月スライドして6月に上場となった。

クックパッドのスピンオフのようなものでカカクコムを立て直しクックパッドの社長も努めた穐田 誉輝川が筆頭株主となる。同氏は菊川玲の夫としても有名だ。くふうカンパニーの筆頭株主でもある。

事業内容としては、今まで紙媒体が主力だった特売などの広告をネット上で行うという事になる。チラシの電子化だ。新型コロナによる巣篭もり需要の恩恵をうけて売上は順調に伸びている。更に、提携店舗の混雑状況などを示す事で、新型コロナ対策の恩恵を受けようとしている。

公募価格2000円に対して初音は4605円と倍以上の値段がついている事からも市場の注目を集め、人気がある事がわかる。初値がついた後は乱高下しているが、ベンチャーキャピタルがおらず換金売りが想定しにくい為需給面はさほど悪くない事から、思わぬ株価上昇を見せる可能性がある。

PERは160倍と高いがROEは40%。この成長が続くようであれば、1万円も見えてくる。

ただし、セカンダリーを狙う場合は値動きが激しくなる事にも留意しなければならない。不安な方はグラーツ投資顧問が特集記事を掲載していたので、相談してみると良いだろう。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com