仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

【7162】アストマックス

(人工知能(AI)関連銘柄)

アストマックスが先週に引き続き株価を伸ばしている。アストマックスは昨週発表したワイジャムプラスというサービスが引き続き材料視されているようだ。アストマックスの子会社、アストマックス投信投資顧問とヤフーとMagne-Max Capital Management(MMC)の3社は独自のAI運用モデルとビッグデータを活用した資産運用事業ワイジャムプラスを開始すると昨週明らかにしている。

ワイジャムプラスはヤフーが保有するビッグデータとMMCの人工知能(AI)を活用し、国内外の金融商品取引所に上場している株式を主要の投資対象とし運用を行う商品。ワイジャムプラスの最大の特徴はマーケットのアノマリーを探索することとのことだ。アノマリーとは理由のつかない季節ごとの市場の偏りのことだが、これらを人工知能(AI)を用いることで解析できるとすればなかなか面白い。

また、その他にも将来のスター銘柄を発掘することや、株の「モテ期」も確率的に推定するという。なんだか眉唾モノのような話にも聞こえるが、人工知能(AI)を活用してこれらを解析すると聞くと面白いような気もしてしまう。

数日にわたりアストマックスが人工知能(AI)関連の材料で物色されているところをみると、やはり人工知能(AI)はまだまだ市場の関心の高い旬なテーマということだろう。アストマックスは人工知能(AI)関連銘柄として位置付けが高まった格好だ。引き続き注目してみる。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【9603】サイネックス

(ふるさと納税関連銘柄・地方創生関連銘柄・国策銘柄)

ここ最近、サイネックスが大きく株価を伸ばしている。サイネックスはふるさと納税の一括業務代行など手掛けるふるさと納税関連銘柄・地方創生関連銘柄だ。

サイネックスは11/07に発表した決算が好感され、その後株価を上げているが11/14にも気になる材料がでている。群馬県邑楽郡千代田町と地方創生加速化交付金を活用した「千代田町地域活性化等調査研究支援事業業務委託」契約を締結しているとのこと。この地方創生加速化交付金というのは安部政権が掲げる一億総活躍社会の実現に向けた緊急対応として、地域のしごと創生への取組を国が支援するもの。

この交付金を受けていることは国策銘柄として注目される可能性もありそうだ。引き続き注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3753】安川情報システム

(人工知能(AI)関連銘柄・IoT関連銘柄)

安川情報システムが大きく株価を伸ばしている。安川情報システムはIoT関連銘柄・人工知能関連銘柄など次世代テクノロジーの分野で、旬なテーマを数多く内包しているテーマ株である。

10月にはテレビ東京の番組ワールドビジネスサテライトで、安川情報システムの人工知能(AI)で機械学習を活用した故障余地サービスが取り上げられたことでも話題になった。その後は株価を調整させているが13週移動平均線のラインにぶつかる前に大幅反発。このまま25日移動平均線を上抜けられれば、再び上昇基調の展開となる可能性もあるか?!値動きが軽い材料豊富なテーマ株なので今後の動きに注目したい。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【3753】フライトホールディングス

(アップルペイ・フィンテック関連銘柄・インバウンド関連銘柄)

フライトホールディングスが新高値を追う展開になっているな。

フライトホールディングスはつい先月(10月)も上方修正を発表し大きく株価をあげたが、これは上方修正そのものよりも上方修正に寄与した内容がアップルペイ対応の決済端末のライセンス料であることが刺激になった印象だ。

そんなフライトHDからまたも面白い材料がでている。同社は14日の大引け後に電子決済事業に関する2つの特許権を取得したことを発表。

フライトホールディングスが発表した2つの特許権のうち、一つは「複数暗号鍵の切替に関する特許」というもので、複数の暗号鍵をセットし要とに応じ切り替え使えるというもの。もうひとつは「無線を使った複数機器の設定に関する特許」で、無線通信する複数の聞きを設定する際に、操作をカンタンにできるようにし、安全に使えるような仕組みとのことだ。

どちらの特許も、フライトHDのモバイル決済端末「インクレディストプレミアム」に使われている技術。このインクレディストプレミアムは、先述の上方修正に寄与したアップルペイ対応の決済端末である。今回の材料で再び、新高値を追う展開となっているが、どこまで株価を伸ばすかみものだ。

【9812】テーオー小笠原

(ロシア関連銘柄・国策銘柄)

テーオー小笠原に注目してみる。テーオー小笠原は北海道が地盤の企業で、フローリングで国内首位。テーオー小笠原はロシア関連銘柄として注目される可能性に期待。

12月15日にロシアのプーチン大統領が来日し、安部首相と会談することになっているが、そこで北方領土など日本とロシアの抱える問題が解決に向かうという見方があり、ロシアとの経済協力が進む可能性がある。ロシアとの経済協力の案のなかに、シベリア鉄道を北海道まで延長させるということも検討されているようだ。シベリア鉄道を北海道まで延長させるというのは、防衛の面で賛否両論あるようだが、もし実現すれば北海道に地盤を置く企業にとっては大きな恩恵がある。

テーオー小笠原は、10月以降ジリジリと株価をあげてきているが、これはロシア関連銘柄としての物色だろう。引き続き注目したい銘柄だ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【8462】フューチャーベンチャーキャピタル

(自動運転(zmp)関連銘柄・国策銘柄)

ついに自動運転技術で注目されるZMPのIPO承認が下りたようだ。東証マザーズから2016年12月19日(月)に上場予定。

ZMPの上場承認が下りたことにより、ZMPの株主などが明らかになった。注目はやはりフューチャーベンチャーキャピタルだろう。フューチャーベンチャーキャピタルはこれまでZMPに出資しているのでは?という思惑だけで株価を上げていたのだが、それが晴れて思惑から事実に変わったということだ。フューチャーベンチャーキャピタルが保有するZMPの株式数は240万株。これは市場の予想を超えてきたか?!14日のPTS取引ではストップ高となっている。

確かにフューチャーベンチャーキャピタルの時価総額を考えれば240万株の保有はかなり大きい。ZMP関連銘柄のなかでも特に注目を浴びる可能性がある。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

【5233】太平洋セメント

(トランプ関連銘柄・インフラ関連銘柄・国策銘柄)

太平洋セメントが非常に堅調に推移している。全般相場が反発していることもあるが、太平洋セメントはインフラ関連銘柄の代表格として注目されているのかもしれない。太平洋セメントはセメントで首位の企業であり、米国でも事業展開している。

先日大統領に当選したトランプ氏の政策で注目されるのはインフラ整備。20%前後だった海外売上比率を今後は50%に高めたいと目論む太平洋セメントにとって、今回のトランプ氏の政策は恩恵がありそうだ。

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株無料メールマガジン登録

メルマガ登録した方だけに、限定仕手株情報や今積極的に狙うべきテーマ株を配信中!





仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

投資顧問会社への最新クチコミ

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
ad@cueinc.co.jp

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ