仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

ポスト新型コロナ関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるポスト新型コロナ関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3288】オープンハウス

(キャッシュリッチ関連銘柄・ポスト新型コロナ関連銘柄)

オープンハウスは首都圏を中心に不動産業を行う会社だ。不動産の仕入れ、建築請負、引き渡しまで一貫して行う事に強みを持っている。また、狭小住宅に的を絞る事により、高騰マンション価格に手が届かない層や戸建て住宅にこだわる層の訴求し業績を伸ばしている。

同社の躍進については大手不動産・デベロッパー層と客層を分けた事は重要な要素の一つだが、もう一つはその営業力にあるといえるだろう。いわゆるオーナーワンマン経営の徹底した軍隊営業だ。オープンハウスのサンドイッチマンと呼ばれる人が広告を掲げるものを見ない駅はないだろう。この強い営業力により売上を拡大してきた。

最近では関西地盤でマンション販売に強みを持つ、同じくオーナー系企業だったプレサンスコーポレーション(3254)を傘下に収めた。オーナーの逮捕により体力が低下したところを救済した形だが、戸建て・関東中心のオープンハウスとマンション・関西中心のプレサンスは補完関係になりやすい。

今後、ポストコロナの間には不動産価格の低下などが見込まれるがひとまずこれまでの業績は堅調であり、本日中間決算を発表した。

2020年9月期 第2四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)

通期業績予想の修正(親会社株主に帰属する当期純利益の上方修正)に関するお知らせ

業績などはご覧の通りであり、特に記載はしないが、一つ注目したい点がある。同社はコロナによる業績の悪化は既に織り込んでいるのだが、「弊社は手持ち現金が豊富であり体力がある。他社が疲弊したのなら買う」と言っているのだ。

つまり、新型コロナウイルス感染症により売上が低迷し不動産が処分されるようであればそれは好機であると考えているのだ。ピンチはチャンス、そして人の不幸は私の幸せという事を堂々と表明しているその社風に私は一票を投じたい。

20200515オープンハウス

不動産営業はもろに社風がでる。この社風がある限り、強い営業力が続くだろう。東京のマンション・不動産価格が下がらないようであれば、株価は思わぬ高値まで戻るかもしれない。

 

【6080】M&Aキャピタルパートナーズ

(ポスト新型コロナ関連銘柄・思惑関連銘柄)

M&Aキャピタルパートナーズはその名の通り、M&Aの仲介を行う会社だ。独立系で、事業継承案件に強みを持っている。

後継者不足で事業が継続できないなどの課題に対処している。最近では高齢化や大資本進出が顕著な調剤薬局に強みをもっている。

先日発表した決算発表では減収減益となったものの、案件事態は豊富であり後半の巻き返しは十分可能と会社側は説明している。個人的には会社想定通りの進捗となるならば現在株価水準は割安と言えるだろう。同業の日本M&Aセンターなどと比べれば顕著だ。

更に、ポストコロナの銘柄として手持ち現金が多い会社を一貫して押しているが、同社も130億円程度の現金保有がありまた、有利子負債が0となっている点を評価している。

株価は10日線にそって上昇しており、4月30日の決算に向けて重く的な上昇をするようであれば利食いを入れつつ決算勝負にでたい銘柄だろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【6096】レアジョブ

(ポスト新型コロナ関連銘柄)

レアジョブはオンライン英会話の最大手だ。安価な人件費で雇えるフィリピン人を講師とする事で低価格での英会話学習を提供している。安価とはいえ、フィリピンの公用語に英語は採用されており、英会話能力は非情に高い。

新型コロナの問題で在宅学習・在宅ワーク、更には遠隔医療など、様々な事がICTを活用して家で行われている。そして、それぞれにおいて市場では銘柄の物色が行なわれている。

これらに共通する必要インフラとして、ネット回線はもちろんだが、カメラ需要というものがある。ビデオ通話をするにあたりカメラは必須なのだ。最近のノートパソコンやタブレットにはカメラがついている事が多いが、サラリーマンに支給されるノートパソコンや自宅のデスクトップ型のPCで仕事をせざる得ない人はカメラが必要になる。

このカメラが現在品薄となっている。それだけ需要が高いのだろう。ただ、カメラ単体で銘柄を物色したとしても一過性のものとなりそうだ。

だが、レアジョブの場合はオンライン学習であり、もともと需要の高い英会話のサービスを手掛けている。これまで、スマホの小さな画面での学習に躊躇していた層に響く可能性がある。もともと、この層は年齢が高く、そもそもオンラインでの学習・ビデオ通話での学習という体験自体がないため、これらのICTの活用自体にハードルが高い。

しかしながら、半強制的にこのICTをを体験した事で、入会へのハードルが低くなり、今後の会員獲得に好影響を及ぼすのではないかと考える。

これらを踏まえた上で、今回は英会話学習に注目したが、今後は他の銘柄にも言及していきたい。。

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【4644】イマジニア

(ポスト新型コロナ関連銘柄)

イマジニアはモバイルコンテンツの企画配信が主力の会社だ。キャラクタービジネスも盛んで、バンダイやサンリオ、リラックマなどみなさんが一度は耳にした事のあるだろう会社と取引している。

主力のゲーム事業ではスマホ向けの「メダロット」が貢献して、今期も増益見通しだ。

ただ、今回私が注目しているところはそこではなく、潤沢な手元資金だ。以前もポスト新型コロナの時代の不景気には手持ち現金が豊富な企業が強いと記事にしたが、同社は63億円の現金等資産がある。時価総額116億円の実に半分が現金である。PER12倍でこの手持ち現金であれば過小評価と言わざるを得ないだろう。

もちろん、ゲームが主力の会社は当たり外れが大きい。その分現金を積みましているといえば、任天堂にも同じ事が言える。とはいえ、今後の不景気においても耐えられるだけの体力があるという点の評価は変わらないだろう。

今後の備えのためにもポートフォリオに加えておきたい銘柄と言える。

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7841】遠藤製作所

(ポスト新型コロナ関連銘柄・キャッシュリッチ関連銘柄)

遠藤製作所はゴルフクラブの鍛造品のOEMを手掛ける会社だ。そこから、自動車や二輪車のエンジンギア・ミッションギアなどの製造や医療機器、メタルスリーブ事業など多角化を図っている。

さて、新型コロナ関連の銘柄として当サイトでも巣ごもり関連やマスク関連などを取り上げてきた。ここからは、その先「ポスト新型コロナ」の時代を考えたいと思う。

新型コロナにより売上や利益が増えるのはごく限られた業種になる。だからこそ、現在の市場のテーマはマスクや巣篭もりといった、売上が増えるだろうという銘柄への物色が進んでいる。だからこそ、すでに株価は上昇しており、これから投資を考えるのであれば、その先を考える必要がある。

ポスト新型コロナの時代は、不況期と同じであり、キャッシュリッチな会社に注目が集まると考える。というのも、売上が減り、利益が減ることになる多くの企業にとって、手持ち現金が減ることが想定される。だからこそ、政府は融資や信用枠の維持に努めている訳だが、不況期ともなればそれでも貸し剥がしや貸し渋りは起こるだろう。結果として、倒産の危機となる。

だが、キャッシュリッチの会社ともなれば、手持ち現金が豊富なことからその心配も少なくなる。つまり、ポスト新型コロナの時代は守りのポートフォリオ形成が必要となるだろう。

その点、遠藤製作所の手持ち現金は豊富だ。時価総額50億の会社にも限らず、60億ほどの現金等資産を有している。

キャッシュリッチどころか、買収してしまえば10億円の現金が手に入る企業なのである。むしろこれだけのキャッシュリッチ企業であれば、守りのポートフォリオというよりは、MBOやTOBの期待があってもおかしくない企業とも言えるだろう。

新型コロナショックにより、多くの企業の株が投げ売られた。アベノミクス相場以前のPBR1倍割れの企業が今後多くなってくることかと思う。あの時代の相場を考えれば純資産ではなく、手持ち現金の重要さを考えて投資することの大事さはわかってもらえると思う。次の時代を考えるにあたって、注目しておいてほしい銘柄だ。

ヴァンジェリストへの登録はコチラ

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com