仕手株情報の嘘と真実、投資顧問の嘘と真実 仕手株情報と投資顧問情報のまとめ

ポスト新型コロナ関連銘柄

毎日更新!今すぐ使えるポスト新型コロナ関連銘柄の仕手株情報を無料でお教えします!

【3333】あさひ

(ポスト新型コロナ関連銘柄・フィットネス関連銘柄)

あさひはサイクルベースあさひを運営する会社だ。直営店を基本としながら、FCも併用。現在は直営462店舗、FC店19店舗の合計481店舗を全国に展開している。より利益率の高いプライベートブランド商品の比率を高める事で、営業利益率の改善を図っている。

いわゆる、ママチャリやシティーサイクルといった一般車の販売は伸び悩んでいたが、健康志向の高まりをけてスポーツ車の販売が伸びていた。また、電動アシスト自転車が普及した事も同社の売上に貢献。

コロナ禍では、店舗の休業や営業時間の短縮などが響き前年同月比で1割から2割減の売上となっていた。ところが、緊急事態宣言が明けると「日常生活における人との接触、いわゆる「密」を避けるため、公共交通機関から自転車へ移動手段を見直す動きが広がるとともに、5月には政府の専門家会議を経て発表された「新しい生活様式」の実践例で、公共交通機関の利用に関して「自転車利用も併用する」旨の掲載」された事などで短距離通勤・通学の需要が伸長。更に、コロナ禍における健康意識の高まりで「健康産業」として社会的価値の向上が見られるなど、自転車の必要性が広く認識された事で6月には前年同月比4割増の売上となっている。

その後も売上は高止まりしており、累計でも前年を上回る推移。そして、本日9月7日に「2020年8月度月次営業速報に関するお知らせ」を発表。売上の勢いは落ちたものの前年同月比135%の売上と好調を維持している。

株価は月次速報が発表された直後に反応したが、その後は全体相場の下落とともに下げに転じ、結局は27円安で引けている。ただし、一時的に25日移動平均線を割り込んでいる水準に過ぎず、PER16倍と過熱感もない事から今後の株価の上昇が見込まれるだろう。

需給に関しても日証協によると空売りが100万株ほど積み上がっており、固い動きが期待できる。実際のトレードに関しては25日線を回復し、上昇の勢いが感じられてからでも遅くはないだろう。当面の目標として年初来高値更新の1989円をみたいところだ。

 

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3905】データセクション

(思惑銘柄銘柄・ポスト新型コロナ関連銘柄)

SNSの分析とコンサルティングを行う会社だ。基本的にシステム開発を行うが、AIを活用したビッグデータ解析も行っている。KDDIと資本業務提携をしており、KDDIの持ち分となっている。同社は主力のSNS分析の次の柱としてビックデータ解析に力を入れている。

最近では、新型コロナウイルス対策ソリューション」のグローバル展開を開始すると発表しており材料視された。

スーパーマケットやドラッグストアなどの店舗内の人数を可視化し、入り口で入店の可否を表示することで入店制限の自動化を支援する「Store Capacity Control」、店舗入場者の発熱やマスク着用の有無を検知する「HealthyUP」、店舗内で実施する消毒などの感染対策オペレーションのスタッフ教育が行えるeラーニングと、日々の感染対策オペレーションの確実な実行を支援するタスキング機能を提供する「COVID-19 Tasking」の3つが主体となる事業で、ウィズコロナの時代に即した事業と言えるだろう。

また、同社株に対しては色々と思惑が働いているようだ。私の耳に色々と噂がはいっている。

ただ、現在811円だと5移動平均線との乖離も大きい。勉強会の方では昨日から伝えているので安いところを拾えたかもしれないが、今からだと悩ましいところ。高値を追いかけるのではなく安いところを待ちたいところだろう。

たまに、エントリーしなかったらそのまま上がって悔しいという人がいる。しかし、上がったなら見送れば良いと思っている。逃した利益と考えると高値を掴んで痛い目をみる事の方が多いと私は感じている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【7082】ジモティー

(思惑銘柄銘柄)

オンラインの掲示板「ジモティー」を運営する会社。家具など捨てるのにお金がかかるし、もったいないものを個人間で取引するのに活用されている。積極的なCM展開を行っており、「地元の掲示板♪ジモティー♪」という音を聞いた事がある人も多いだろう。

同社の主な収入はPVによる広告収入だが、上場や積極的なCMが功を奏し伸長。大きな費用負担となる広告費に関しては、営業黒字に収める格好で投下するとしており、会社方針としては今後は黒字を継続して投資資金の回収を図る格好だ。

また、この手のビジネスモデルに関しては一回同業他社に対して優位性を持つと寡占市場を作れる傾向にある。同社がこれまでに投下してきた資本以上の投下を行うような企業が現れない限り安定した業績が続く事が見込まれる。

新型コロナの問題で可処分所得が下がるとするならば個人間の取引はより活発になる可能性もあるため、ポストコロナの銘柄としても注目だ。チャートとしては、2月の上場後以降はコロナ禍に見舞われ冴えない動きとなっていたがここにきて戻りを見せている。25日移動平均線を上抜け、本日も5日線までの押し目できれいに戻りを見せている。また、明日以降何がしかのメディアに取り上げられるとの話もあるため注目しておきたい。詳細は勉強会にて。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

【3288】オープンハウス

(キャッシュリッチ関連銘柄・ポスト新型コロナ関連銘柄)

オープンハウスは首都圏を中心に不動産業を行う会社だ。不動産の仕入れ、建築請負、引き渡しまで一貫して行う事に強みを持っている。また、狭小住宅に的を絞る事により、高騰マンション価格に手が届かない層や戸建て住宅にこだわる層の訴求し業績を伸ばしている。

同社の躍進については大手不動産・デベロッパー層と客層を分けた事は重要な要素の一つだが、もう一つはその営業力にあるといえるだろう。いわゆるオーナーワンマン経営の徹底した軍隊営業だ。オープンハウスのサンドイッチマンと呼ばれる人が広告を掲げるものを見ない駅はないだろう。この強い営業力により売上を拡大してきた。

最近では関西地盤でマンション販売に強みを持つ、同じくオーナー系企業だったプレサンスコーポレーション(3254)を傘下に収めた。オーナーの逮捕により体力が低下したところを救済した形だが、戸建て・関東中心のオープンハウスとマンション・関西中心のプレサンスは補完関係になりやすい。

今後、ポストコロナの間には不動産価格の低下などが見込まれるがひとまずこれまでの業績は堅調であり、本日中間決算を発表した。

2020年9月期 第2四半期 決算短信〔日本基準〕(連結)

通期業績予想の修正(親会社株主に帰属する当期純利益の上方修正)に関するお知らせ

業績などはご覧の通りであり、特に記載はしないが、一つ注目したい点がある。同社はコロナによる業績の悪化は既に織り込んでいるのだが、「弊社は手持ち現金が豊富であり体力がある。他社が疲弊したのなら買う」と言っているのだ。

つまり、新型コロナウイルス感染症により売上が低迷し不動産が処分されるようであればそれは好機であると考えているのだ。ピンチはチャンス、そして人の不幸は私の幸せという事を堂々と表明しているその社風に私は一票を投じたい。

20200515オープンハウス

不動産営業はもろに社風がでる。この社風がある限り、強い営業力が続くだろう。東京のマンション・不動産価格が下がらないようであれば、株価は思わぬ高値まで戻るかもしれない。

 

【6080】M&Aキャピタルパートナーズ

(ポスト新型コロナ関連銘柄・思惑関連銘柄)

M&Aキャピタルパートナーズはその名の通り、M&Aの仲介を行う会社だ。独立系で、事業継承案件に強みを持っている。

後継者不足で事業が継続できないなどの課題に対処している。最近では高齢化や大資本進出が顕著な調剤薬局に強みをもっている。

先日発表した決算発表では減収減益となったものの、案件事態は豊富であり後半の巻き返しは十分可能と会社側は説明している。個人的には会社想定通りの進捗となるならば現在株価水準は割安と言えるだろう。同業の日本M&Aセンターなどと比べれば顕著だ。

更に、ポストコロナの銘柄として手持ち現金が多い会社を一貫して押しているが、同社も130億円程度の現金保有がありまた、有利子負債が0となっている点を評価している。

株価は10日線にそって上昇しており、4月30日の決算に向けて重く的な上昇をするようであれば利食いを入れつつ決算勝負にでたい銘柄だろう。

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【6096】レアジョブ

(ポスト新型コロナ関連銘柄)

レアジョブはオンライン英会話の最大手だ。安価な人件費で雇えるフィリピン人を講師とする事で低価格での英会話学習を提供している。安価とはいえ、フィリピンの公用語に英語は採用されており、英会話能力は非情に高い。

新型コロナの問題で在宅学習・在宅ワーク、更には遠隔医療など、様々な事がICTを活用して家で行われている。そして、それぞれにおいて市場では銘柄の物色が行なわれている。

これらに共通する必要インフラとして、ネット回線はもちろんだが、カメラ需要というものがある。ビデオ通話をするにあたりカメラは必須なのだ。最近のノートパソコンやタブレットにはカメラがついている事が多いが、サラリーマンに支給されるノートパソコンや自宅のデスクトップ型のPCで仕事をせざる得ない人はカメラが必要になる。

このカメラが現在品薄となっている。それだけ需要が高いのだろう。ただ、カメラ単体で銘柄を物色したとしても一過性のものとなりそうだ。

だが、レアジョブの場合はオンライン学習であり、もともと需要の高い英会話のサービスを手掛けている。これまで、スマホの小さな画面での学習に躊躇していた層に響く可能性がある。もともと、この層は年齢が高く、そもそもオンラインでの学習・ビデオ通話での学習という体験自体がないため、これらのICTの活用自体にハードルが高い。

しかしながら、半強制的にこのICTをを体験した事で、入会へのハードルが低くなり、今後の会員獲得に好影響を及ぼすのではないかと考える。

これらを踏まえた上で、今回は英会話学習に注目したが、今後は他の銘柄にも言及していきたい。。

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

【4644】イマジニア

(ポスト新型コロナ関連銘柄)

イマジニアはモバイルコンテンツの企画配信が主力の会社だ。キャラクタービジネスも盛んで、バンダイやサンリオ、リラックマなどみなさんが一度は耳にした事のあるだろう会社と取引している。

主力のゲーム事業ではスマホ向けの「メダロット」が貢献して、今期も増益見通しだ。

ただ、今回私が注目しているところはそこではなく、潤沢な手元資金だ。以前もポスト新型コロナの時代の不景気には手持ち現金が豊富な企業が強いと記事にしたが、同社は63億円の現金等資産がある。時価総額116億円の実に半分が現金である。PER12倍でこの手持ち現金であれば過小評価と言わざるを得ないだろう。

もちろん、ゲームが主力の会社は当たり外れが大きい。その分現金を積みましているといえば、任天堂にも同じ事が言える。とはいえ、今後の不景気においても耐えられるだけの体力があるという点の評価は変わらないだろう。

今後の備えのためにもポートフォリオに加えておきたい銘柄と言える。

株マイスターへの登録はコチラ

 

当サイトでは「金の四方山話」という勉強会を主催している。

入会方法は私のTwitterにDMで「金の四方山話入会希望」とだけ連絡を。余計な文言はいらない。

グループDMの上限に達していた場合は、「金の四方山話」のハイライトを不定期に送る「銀の四方山話」に自動で入る。

入会後の退会は自由。

将来的に有料となる可能性があるが、予定は未定だ。

できるだけ、無料で優良な情報をお届けしたいと思っている。

 

この記事で紹介している銘柄

この記事の関連銘柄一覧

仕手株まとめ 参加ランキング

  • にほんブログ村 株ブログ 仕手株へ
  • にほんブログ村 株ブログへ

仕手株まとめサイトに関して

当サイトは、市場関係者、ファンド、ブログ、投資顧問、2ch、Yahoo掲示板、株式投資セミナー等の情報や噂の中から、動きのあった短期急騰株(仕手株含む)や流行りのテーマ株(○○関連銘柄)などを無料で公開するサイトとなります。

※当ブログが公開する銘柄は、今後の注目銘柄としてご参考程度にお願いします。信憑性について保証できるものでは御座いませんので、実際の株式売買は、自己責任にて行って下さい。

仕手株まとめ カテゴリー別銘柄

仕手株まとめツイッター

相互リンクについて

お問い合わせ

当サイトのお問い合わせはコチラ
info@sitekabu.net

広告掲載等に関するお問い合わせはコチラ
steadylinkdb@gmail.com